大人も子供も大興奮!「むしくいさま」ってパラパラブックがリアル過ぎてヤバイ!

大人も子供が大興奮する「むしくいさま」ってパラパラブックがリアル過ぎてヤバイ!


ちゃおしこ!
カルロ・クマですฅʕ•ᴥ•ʔฅ

パラパラブックって知ってる?

先日、東急ハンズをブラブラしていたら、ちよっと面白いものを見つけたので、ご紹介。

パラパラブックって知ってますか?

文字通り、ページをパラパラとめくると、中に描いてある絵が、まるで動いているかのように見えるという本です。

いわゆる昔からある「パラパラ漫画」の原理なんですが、このパラパラブックの「むしくいさま」は、これまでのパラパラものとは全然違います。

パラパラに、こんなアイデアがあったのか!と、思わずその奥深さに感動して涙を流して喜んでしまったほどです(うそです)

パラパラブックの問題作!?『むしくいさま』

わたしカルロがお勧めしたいのは『むしくいさま』という作品。

まず、このパラパラブックはただの二次元イラストではなく、3Dの立体的なキャラクターが描かれていることからして、従来のパラパラ漫画とは違います。

ストーリーを解説すると、一匹の(たぶん)コガネムシがブーンと飛んでやってくる→お化けに食べられる→お化けから木が生えて森になるっていう話。

読んでもなんのこっちゃ?ですよね(笑)

なので、実際の映像を見て欲しいです。

どうですか?

この虫が紙を食べることで、お化けが出てくるっていうギミック。凄くないですか?

金田一君!これは思いつかなかった!ですよ。

んで、見た目も凄く立体感があって楽しい。

というわけで、小さな子供にちょっとしたプレゼントをするのにちょうどいいかなってことで、ウィッシュリストに登録しておきました。

大きさ、値段ともに手頃です。

子供ってこういうの好きですよね。うちの息子にはまだ早いので、いずれわかるような歳になったら買ってあげようと思います。

ほかにもパラパラブックが何種類も発売されていて、自分が気に入ったのは、なかでも次の2作品。

猫飼いの人なら「そうそう!」と膝を打つであろうワンシーン。

このセンスすごくいい。

この作品は「バカバカしさ」と絵のタッチが好きです。

パラパラブックには、子供に返ったように、何度もパラパラして繰り返してみてしまう魔力があります。

今回、パラパラブックを手に取るまで、パラパラ漫画をちょっと舐めてたのを反省しました。

これなら、大人でも十分楽しめます。

発売元の青幻舎の公式ホームページはこちら
http://www.seigensha.com/sp/flipbook/

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。