時間がないことを言い訳にする奴はダメ-理由と対策を考えてみた

時間がないことを言い訳にする奴はダメ-理由と対策を考えてみた

時間がないってほんとですか?

何かをやらなかったり、できなかったりする時の口実に

「時間がないから●●●できなかった(できない)」
「時間が出来たら●●●したい」
「その時が来たら…」

とかいう言い方がありますよね。

これって本当なんでしょうか?

カルロは、はっきり言ってこれは嘘っぱちだと思いますね。←嘘っぱちとか死語デスカ?(笑)

そもそも、時間がないっていうのはどういう状態かっていうと、

”他のことをやっている”から時間がないんですよね?

つまり、”他のことをやっている”時間はあるわけです。

そして、”何をやるか”は奴隷でないかぎり、自分で決めているんですよね。それってどういうことかっていうと、

やることと(したいこと)とやらないこと(できない)の優先順位が違うだけってことなんです。

時間がないから今年は一睡もしてませんとか、時間がないから先月からご飯は食べてませんとか、時間がないからトイレは1週間くらい行ってないっすねーとか、そんな人いないっしょ。

睡眠も食事も排泄も人間にとって最重要だから、意識せずとも、当然のように時間が作れているだけです。

例えば、仕事が忙しいから無理とかいう言い訳も、仕事のプライオリティーを上位においてるからです。

・仕事が忙しいから本が読めない
・仕事が忙しいから子供との時間が持てない
・仕事が忙しいから勉強出来ない

どれももっともらしく聞こえますが、これって仕事を最優先にしているから出来ないだけなんですよ。

・仕事の方が大切だから本が読めない
・仕事の方が大切だから子供との時間が持てない
・仕事の方が大切だから勉強出来ない

つまり、仕事を最優先に選んだだけなんです。本当に別のことをしたいなら仕事を辞めるなり転職するなりしたらいいんです。

そんなこと無理だっていう人は、きちんと自分でそれを選択しているんだってことをよーーく自覚した方がいいです。奴隷じゃないんですから。

仕事を選んだのも自分、家庭を持ったのも自分、そういう生活を選んだのも自分。いやいや、そういうのを自分で選んだわけじゃない!っていう人は、そういう事態を今日現在受け入れているのは自分なわけです。

全部、自分で決めてるんです(どれぐらい意識しているかは人によるでしょうけど)

だから「時間がない」って言わずに、本来は素直に「プライオリティーが低いもんでへへへ」って言えばいいだけなんですよ。ほんとはね。

忙しいアピールなんてしても、誰も褒めてくれないですからね。

昔から男女の会話でありがちな「仕事と私どっちが大切なの?」ってやつもコレですよね。これも「貴女より仕事のプライオリティが高いんです。ごめんちゃい!」って素直に言ったらいいのです。その後、どうなるかは知りませんが(笑)

時間を支配するのは自分

「時間がない」を言い訳にしないためにすべきことは、

・自分がするべきこと(したいこと)の優先順位を決めること と
・何かをやめること

です。

まずは、本当に大事なことは何なのかをきちんと考える。それでも、やっぱり今の優先順位でいいやってことであればいいんですが、それでも時間が欲しいっていう人は何かを辞めるべきです。

人間の手はふたつ。手で持てるものの量は最初から決まってるんです。目一杯手に持ってしまったら、新たに何かを”する”手がふさがってしまうんです。あれもこれもは出来ませんから、唯一、出来るとしたら器用にやるしか方法はないんです。

時間も同じで、誰にも等しく24時間が与えられています。違うのは、人それぞれ時間の”使い方”(器用さ)が違うだけなんです。

しかし、今までの24時間の使い方では、決して器用とは言えなかった実績があるわけですから、ここは単純に何かをやめるしか方法はありません。

例えば、前段で上げた、仕事を辞めないにしても、まだまだ時間を作れる余地が普通はあるはずです。

・テレビを見る(youtubeも)
・SNSを眺める
・ネットする
・スマホいじる
・酒/煙草
・おしゃべり
などなど

自分がしたい事と天秤にかけて、今自分がどちらを優先すべきかよく考えて、やらないことを考えましょう。

漠然と時間のせいにしている限り、一生「時間」は生まれません。

早速今日から、時間に流されて使われる立場から、支配して使う立場に変わりましょう。

時間がないことを言い訳にする奴はダメです。

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。