40歳になって気づくこと…40歳は年齢の節目の感慨深さランキング1位だった話

40歳になっだゾォー

ついに40歳になった・・・半年前に(笑)

10歳ごとに年齢の節目があるわけだけど。その節目の中では40代になるというのは、感慨深さランキング1位といっても過言ではない感じ。

「俺も、もう40か…」とか、つい芝居じみたセリフが口をついて出てしまう。

20歳になった時も30歳になった時も、それほど感慨に耽ることはなかったけど、どうやら40歳は別格らしい。

そんな、40歳ってどんなもの?ってのを忘れないうちに書いておきたい。

まだ40歳になっていない人は、40代に入るってこんな感じなんだー!って思ったらいいし、もう40歳なんかとっくに通過したけど何か?っていうレディース&ジェントルメンたちにとっては青臭く懐かしい感覚を思い出してもらえるかもしれない。

40歳になってまず驚くこと

40歳になってまず驚くことは…

こんな感じで40歳になっちゃっていいの?っていう感覚。

自分が思っていた40歳って結構なオッサン・オバサンの印象なんだけど、実は自分がこちら側の(笑)人間になってみると、別に特別おっさんということもない。

もちろん10代、20代から比べたらもちろんオッサンだってことには異論はないんだけど、当の本人からすれば「こんなまだまだな感じで40代自称していいんすか?」っていう戸惑い。

10代、20代、30代と来て40代。

10代から20代は「うえーい!成人だぜー!おおっぴらに酒が飲めるぜい!大人になったぜ!」って感じだった。

20代から30代は「社会人一巡」って感じで、後進をきちんと育てるとかいう意識が芽生えるっていう感じだった。生活の質とか、ワンランク上とか、「大人」というものがひとつステージアップするような感じを持ったのもこの節目の頃。

それぞれ、20代感とか、30代感があったはず(通過したからそう感じているのか?)

では、30代から40代になってみたらどうなのか?

「うおーもう完璧オッサンだぜー!」(←この言葉遣いでお察し)と思いつつも「…ん…あれ…俺、オッサンなの!?」←自分の手のひらを見て、我に返ってるイメージ(笑) って感じでもある。

人は40と言うけれど、自己認識はそこに至っていない。驚くほどに自分が思っていた40代男性のイメージじゃない。

人にもよるだろうし、どういう人生を送っているかによっても変わってくると思うんだけど、人生80年としたら、その折り返し地点。孔子が言うところの「四十にして惑わず」の不惑の40代のはず。

子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず(私は十五才で学問を志し、三十才で学問の基礎ができて自立でき、四十才になり迷うことがなくなった。五十才には天から与えられた使命を知り、六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、七十才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)

「論語」

by.故事ことわざ辞典 

いや、でも俺、毎日惑ってるし・・・。

まど・う〔まどふ〕【惑う】
1 どうしたらよいか判断に苦しむ。
2 道や方向がわからなくなる。まよう。「知らない街角で―・う」
3 悪いことに心が奪われる。「誘惑に―・う」
4 うろたえる。あわてる。

by.デジタル大辞泉

全然、ダメじゃん。。

とかいう反省はひとまず脇に追いやって、40歳になって変わったことを上げていきたい。

題して、

40歳になると何が起こる?

順にあげていこう。※注:あくまでもカルロの場合

「40代男性」というカテゴリーに分けられる

40歳になると、まずアンケートの記入で自分の年代を思い知らされる。年齢のチェックが「40代」になるからだ。昨日まで30代だったのに、誕生日を境に40代になってしまう。これは衝撃。

一般的な名称は中年男性

40代男性の正式名称は「中年男性」で間違いない。例えば、犯行現場で目撃され、文字にされたら、中年男性と書かれてしまう。

ああ、俺って中年なんだね。中高年の「中」なんだねっていう…。

こまけぇことはいいんだよの精神

これは40歳を境にってわけじゃないんだけど、オッサンになってくると感じること。良くも悪くも細かいことに注意がいかなくなってきた。

良い面として考えれば、細かいことにクヨクヨしないとか、つまらないことで緊張しないとか、世渡りの面でいい意味の鈍感さを身に着けたことにはなる。

悪い面として考えれば、雑で乱暴な考えにとらわれがちになるってことかな。例えば、「くだらねぇ」というラベルを直ぐに貼って済ませがちになってしまうこと。これは危険。

知ってる感っていうか、既視感っていうか、ありとあらゆるものに物珍しさを感じなくなってくる。そうなって来ると、ものごとを深く掘り下げようっていう姿勢がなくなってしまう。これには意識して気をつけなきゃいけない。

寿命をより意識するようになる

先にも書いたけど人生80年としたら、その半分は終了してしまったわけで、そういう意味では、人生半分も消化して「まだ何も成していない」という焦りとともに、残された時間の重さを改めて考えさせられる。

誰しもそうなんだけど、人生は有限だってことを改めて感じる。しかもリアルに。

20歳になった時に人生の1/4ですよ!なんて言われても、たぶんピンと来なかっただろうし、60歳になって3/4過ぎたんですよ!なんて言われても、たぶん「ふーん」って感じなんだと思う。

半分ってやっぱりインパクトが大きい。

心理学的にも正しいらしい。今までの半分の重さとか、半分の時間で出来るとか、電気代半額とか、半分っていう訴求は人間の心を引きつけるんだそうですよ。

まさに人生の半分とか言われるとズシーンと来るからね(笑)おー、半分かぁ…ってね。「もう」半分なのか、「まだ」半分なのかって議論はあるけども。

健康って超大事

糖尿・痛風・高脂血症・高血圧のメタボカルテットのカルロとしては、全く説得力がないけど、40歳になると「死」とセットで「病」を考えるようになる。

「あっはっは!俺、メタボっすわー。もうカツカレー大盛りとか食えないっすよ」なんて、健康診断の結果見て笑ってるようじゃまだまだコワッパ。

ヤバイ数値を見て、心筋梗塞とか脳卒中をリアルに想うようになるのが40代。実際、40代で死ぬ人いるしね。←不吉な韻ふんじまった……。

健康のために、深酒も控えるし、軽い運動も心がけるし、階段も進んで使っちゃうのが40代かも。

睡眠ラブ

夜更かしとか、オールが楽しいのは若い人だけ!(断言)

40代になったらもうね、夜更かしなんかできないの。眠くて眠くてオールなんかしたら死んじゃうの!わりとマジで。

進んで寝たいと思うのが40代です。健康のためにもね!

介護保険料の徴収が始まる

40歳になると、一般保険料に加えて、強制的に介護保険に加入になります。

リアルに金銭負担が増えるほかに、自分の年齢が『介護』に近づいているということを意識せざるをえない出来事です。まだ先のことで、そんなにすぐにではないと思いたいけど。

強制とはいえ、自らの介護のため保険に加入しているというのは30代では考えなかった感覚。

40代っていったい何なんですか?

とにもかくにも、40歳の声を聞くと、30代までとは一味違う「老い」を意識するようになることは事実。連続的な時の流れの中の出来事なので、40歳になった途端に老化が始まるわけではないんだけど…。

ひとつ言えるのは、30代はまだ若いグループに属している(と考えていられる)けど、40代はもう若くないグループっていう認識に変わるっていうのが大きいんだと思う。40代は人生の折り返し地点だし、人生の後半戦とも言える。

若くもないし、年寄りでもない。

新人ではないけど、熟練ではない。

平社員ではないけど、部長じゃない。

みたいな感じでしょうか。

カルロの場合で言えば、まだまだ完成ではないけど、全くの手つかずでもなくて、ある程度、人生の先のことも見えてくる感じで、苦しくてもがいているっていうのが40歳になった純粋な感想ですかね。

四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ。

by 渋沢栄一

まだまだ、自分もハナタレ小僧なんで、残りの40年をしっかり頑張らねばと思う次第。ほんとにまだ何も成してないし。

今年の夏には待望の子供も生まれる予定なんで、40代はパパとして頑張る10年になりそうです。40代も引き続き、気を引き締めて頑張ります。

それにしても、50代になったらどうんな感想を持つんですかね。楽しみなような楽しみじゃないような…。

いずれにしても加齢にマイナスなイメージ持ったら、自分で自分の首を絞めるようなものですから、これからも明るく歳を取っていきたいと思っていますよ。

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。