何かを話さないと気まずい…のは単なる幻想!

話さないと気まずい?

人といると何か話さなきゃっていつも頑張っちゃう人に読んでほしい。

どんな立場の人であれ、人と顔を突き合わせば、お互い何かを話さざるをえないという空気が流れる。例えば、特に親しくはないけど、どこのだれかはお互い認識していて、しばらく同じ空間や場所に二人きりでいるような状況下。

ちょっと簡単な会話くらい出来た方が大人スキル高そうだし、円滑な人付き合いを考えたら、気の利いた会話が出来るに越したことはないと思うけれど、なかなかそうもいかないことも多い。

元々親しい間柄だったり、そもそも用がある相手であれば特別話題に困ることも、沈黙することもない(そもそもそうなっても気にならない)だろうしで、特に問題になることもないんだけどね。

それで、お互いなんとなく無言のまま虚空を眺めてみたり、スマホいじってみたり(笑)沈黙の時間。

気まずいなぁ。何か話した方がいいかなぁ。。

でもね、ほんとのところ・・・

気まずいとか幻だから

そんなこと気にするこたぁないんですよ!

これは開き直りでもなんでもなくてね。なぜかって言えば、相手と二人きりなんだから、会話のない状態ってのはお互い様なんだよね。

つまり、会話の無い状況になった場合。相手も「気まずいな」と思ってるか、「そもそもそんなの気にしてない」ってタイプのどっちかなんだよね。

相手もおんなじように「気まずい」と思ってるなら、相手も「どうしよう(汗)」って考えてるわけだから、それはそれで気が楽だし自分と同じ状況。「そもそも気にしてない」んなら、こっちもいちいちドキドキする必要なんかないよね。

あ、「(相手に対して)何か喋れよ!」とかいう自己中な奴は論外ね(笑)そんな奴は、ほっとけばいい。うん。

沈黙の方がいい!?

だから今後、二人きりになって何か喋らなきゃって焦ったりする必要なんか全然ない。全くない。だから、リラックスして気が向けば何か話すってくらいにゆるーい感じでいいと思う。

沈黙は金ともいうしね。

って今、「沈黙は金」ってカタカタっと調べたら、この言葉には続きがあった。「沈黙は金、雄弁は銀」っていうらしい。

沈黙は金雄弁は銀とは、何も語らず黙っていることは、すぐれた雄弁よりも大切であるということ。

引用:故事ことわざ辞典

何か無理して話してる自分もしんどいし、相手が必死に話してくれるのも何か悪いしね。

だから、何か話さないと気まずいなって思う人は、今日から無理するのは止めよう。っていうか、止めても全然OK!そもそもそんな気まずくないのに、自分で勝手に「気まずい」っていう空気に押しつぶされちゃってるだけですよっていうお話しでした。

★この記事が「いいなぁ」と思ったら、下のボタンからシェアお願いします!