糖尿病の人が飲んでも大丈夫な花粉症(鼻炎)の市販薬はこの5つ!【2019】

もう花粉なんて怖くない!糖尿病の人が飲んでも大丈夫な花粉症の薬【3種類】 糖尿病

 

カルロ・クマ
カルロ・クマ

ちゃおしこ! 年々花粉の症状がひどくなってる気がするカルロ・クマです。

 

 

花粉症が辛すぎる……

辛い花粉のシーズン真っ只中ですね。

わたしも毎年花粉症に悩まされています。

ゴールデンウィークあたりまでは、つらい花粉症の症状との戦いの日々。

何だか、年々酷くなってきているような気がするんですよね……。これまでスギも今年はどうやら駄目みたいです(涙目)

目が痒い! 鼻水止まらない! 喉が痒い! 顔が痒い!

常にぼやーっとしたような不快な症状が一日中続くので、集中して何かをするのが難しくなりますよね。

本当に不快極まりない。ぷんぷん。



糖尿病の人は飲めない花粉症の薬

そんな辛い症状を和らげるために、花粉症に効く薬(鼻炎薬など含む)を飲むわけですが、これまでに花粉症の薬として発売していたものって、糖尿病の人は飲めないものがほとんどでした。

この記事では、塩酸プソイドエフェドリンが……とか、難しい成分の話はしませんが(興味のある方はググってみてください)、これまで花粉症の薬というのは、糖尿の人が飲んでしまうといけない成分が入っている薬だったんですよね。

端的に言えば、血糖値が上がってしまうとかの糖尿病に良くない副作用がある薬がメインだったのです。

ですから、薬を買うと必ずついてくる、注意事項の書かれた『添付文章』にも、糖尿の人は飲んじゃいけませんとか、飲むことはあまりすすめられません、みたいなことが書いてあったわけです。

しかーし、

 

時代は糖尿病患者に追いつきましたよ

 

糖尿病でも飲んでも大丈夫な花粉症薬が発売されていたのです!



糖尿病でも飲んでいい花粉症の薬

実を言うと、あまりに花粉症の酷い年なんかは、私は添付文章の禁忌を無視して花粉症の薬を飲んでいたこともありました(笑)

それで、今年もご多分に漏れず花粉が辛いなぁーってことで、どの薬を飲もうかと、調べていたんですよね。

そうしたら、添付文章のどこにも糖尿の文字がないことに気付いたんです。

あれ?いつから花粉症の薬って飲んで良くなったんだろ??

どうやら、人知れず花粉症の薬は副作用の少ないものにシフトしていたようなんですね。

実際に調べてみたところ、糖尿病でも服用できる花粉症の市販薬は次の5種類。

■久光製薬 アレグラFX(主成分:フェキソフェナジン塩酸塩120mg)

■皇漢堂製薬 アレルビ(主成分:フェキソフェナジン塩酸塩120mg)

■グロー薬品工業株式会社 フェキソフェナジン錠「ST」(主成分:フェキソフェナジン塩酸塩120mg)

■日野薬品工業株式会社 スカイブブロンHI(主成分:フェキソフェナジン塩酸塩120mg)

■エスエス製薬 アレジオン(主成分:エピナスチン塩酸塩10mg)

どの薬も基本的には主成分をフェキソフェナジン塩酸塩120mg(アレジオンを除く)としていて、次のような特徴があります。

  • 眠くならない
  • 朝夕1日2回服用(1回1錠)
  • 15歳未満は服用不可

それでは、ひとつづつみていきましょう。

久光製薬 アレグラFX

先行して発売されていた、最もメジャーな花粉症対策の薬です。

久光製薬が出しています。

エスエス製薬 アレジオン

アレグラFXや他の後発商品とは主成分が異なりますが、アレグラ同様の作用がある、花粉症対策の市販薬です。

エスエス製薬が出しています。

皇漢堂製薬 アレルビ

マイナーな『アレルビ

販売しているのは、皇漢堂製薬というあまり聞きなれないメーカーさんですが、成分はアレグラFXと変わらないのに、めちゃくちゃ安いんですね。宣伝広告費の差!?でしょうかね。

実際に自分の目で、確認して頂きたいのですが、アレグラFXの半分くらい価格です(倍量入っていても、さらにアレグラFXよりも若干安い感じ)

グロー薬品工業株式会社 フェキソフェナジン錠「ST」

こちらも聞きなれないメーカーですが、同じ成分を使った後発の花粉症薬です。

後発薬が同じ成分で出るということは、薬の特許の関係なんですかね? いわゆるジェネリック?(未確認)

日野薬品工業株式会社 スカイブブロンHI

こちらも後発の花粉症薬。アレルビと同じくらい安いです。メーカーが変わっても同じ成分。

で? どの花粉症薬が一番いいのか?

ぶっちゃけ違いはほとんどナイです。薬としては(アレジオン以外は)どれも一緒。

添加剤が微妙に違うとか、箱のデザインがダサいかどうかという程度ですw

チョイスするポイントとしては、価格とブランドになってくるのかなと思います。

メジャーな製薬会社の方が安心だと思うなら、久光製薬のアレグラFXかエスエス製薬のアレジオンになりますし、価格重視であれば皇漢堂製薬のアレルビかグロー薬品工業株式会社 フェキソフェナジン錠「ST」が選択肢になります。

わたしのおすすめはコスパ断然の「アレルビ」です^^

アレグラFXと同じ成分量だったら『アレルビ』が一番オトクなんじゃないかなと思います。私はコレを買いました。

糖尿病だからって、もう花粉症を我慢しなくていい

糖尿病でも飲んでOKな花粉症薬があるとは、全然期待していなかっただけに嬉しいニュースでした(偶然発見しただけだけど……)

もうこれからは、何も怯えずに花粉症の薬が飲めるなんてほんとに最高です。

今年は早い段階でまとめ買いして、早速飲み始めています。

これで辛い花粉症の季節もなんとか乗り切れそう。

 

てなわけで、ちゃおしこ~! ฅʕ•ᴥ•ʔฅ



※利用については添付文章を必ずおよみください。特に医者に掛かっている方は、添付文章にもあるとおり、相談必須です。飲み合わせとか危険な場合があります。

 

糖尿病
この記事を書いてる人
カルロ・クマ

29歳で2型糖尿病発症。一念発起して徹底したウォーキングと糖質制限で最大112kg→72kgと40kgの減量に成功……したものの定番のリバウンドで現在は90kg前後を徘徊中。年々痩せにくさを実感中のアラフォーブロガー&2歳男児パパ。血糖値を上げすぎないようにするのがライフワークです(現在は山田式ロカボで、一食あたりの糖質40g・おやつ10gを実践中)

現在《40代のボディメイク》と称してダイエット&血糖コントロールを目指して筋トレ中です。

このブログとわたしについてもっと詳しく

記事がいいなと思ったら下のボタンからシェアお願いします!!

↓ じゆしこをフォロー ↓
じゆしこ
タイトルとURLをコピーしました