どこが一番適してる?SOHOのノマドワーク・オフィス代わりに仕事できる12の場所

マンネリ解消に自宅以外の場所での仕事をする

こんにちはカルロです。

SOHOでネット関係のお仕事をしている人なら、大抵は基本的にパソコンがあればどこでも仕事は出来ますよね。

パソコンの性能やバッテリーの持ち、外出先でのネット環境や、各種ツールなんかは本当にロケーションフリーで仕事しろと言わんばかりの環境が相当に充実してきました。

逆に、今では移動して外で仕事しないと損みたいな気がしてくる今日この頃です(それは言い過ぎか)

そんなこんなで、カルロも自宅で仕事をするのにマンネリを感じたり、義母がやってきて家に居づらい時(笑)などは、外で仕事をしています。

ノマドワークで意外と重要なのは…

実際に外で仕事をしてみた人なら分かると思いますが、外で仕事をするのに一番重要になってくるのはツールでもパソコンでもなくて、実は環境(場所)だったりするんですよね。

もちろん外環境は自宅とはだいぶ勝手が違います。

くさい、暑い、寒い、暗い、まぶしい、風、うるさい、虫、トイレ行きたい、ジロジロ見んな、お尻痛い、料金高い、あの子可愛い…などなど。

なもんで、外に出て仕事をしようと思えば出来るんだけど、なかなか快適で集中しやすい環境を見つけるのって難しいんですよね。

そこで、ノマドワークに適したいろんな場所について少しまとめてみたいと思います。

ノマドーワークに適した場所

カルロが実際に仕事をして来た場所を含め、外で仕事が出来る場所をざっとあげてみると・・・

  • 喫茶店(個人店、ドトール、スタバなど)
  • 図書館
  • 公園
  • カラオケボックス
  • ホテル
  • コワーキングスペース
  • まんが喫茶
  • ビデオボックス
  • フードコート
  • ファミレス
  • ファーストフード
  • こんなとこでしょうか。ここからは、それぞれのメリットとデメリットをみていきたいと思います。

    注)カルロの場合。前提条件として、ノートパソコンはバッテリーの持ちが良いので電源は気にしないものとし、ネット環境もスマホのテザリングで利用するのでwi-fiなど、そのあたりは考慮にいれていません。

    車で仕事をするメリットはなんといってもパーソナルなスペースが確保出来る点。それから好きな場所に移動して仕事が出来るので、海を見ながらとか、自然の風を感じる静かな場所で、とか選択出来ること。

    あとは、好きな音楽が聞けるとか、冷暖房が自在に調節出来ること。それよりも大きいのが、時間を気にせず一日中でも仕事が出来ること。

    その逆のデメリットは、駐車スペースによって快適度がかなり違うこと。あまり人の出入りの多い駐車場だったりするとすごく気が散ります。隣に止めた車から人が降りてくる際に、ドアパンすんじゃねぇぞ!とか、うろうろする警備員とか、可愛い奥さんとか…(笑)

    それから、陽射し。駐車する向きとかサンシェードとか工夫しないと、まぶしいとか暑いとかで結構集中出来ません。冷暖房が自由に使えるのはいいけど、ずっとアイドリングしているのも不経済なので、ある程度は窓の開閉と陽射しのコントロールで調節するべきです。

    車の最大の難点はトイレ。近場にトイレのある場所に停めるか、携帯トイレが必要(さすがにそこまでしないけど(笑))。

    後はずっと座っているとエコノミー症候群になるので、時々は車から降りて体を動かすことを推奨。

    喫茶店

    外仕事の王道・喫茶店。メリットは飲み物の入手が容易(笑) デメリットはうるさい(けど、人によっては集中出来るらしい。カルロはるさいのは無理でした…)それから、非常識なほど長時間居座るわけにはいかないこと。

    あとは隣に座る奴とか、後ろに座る奴が、今時そんなにパソコン珍しいか?ってぐらいにモニターを凝視してくることがある!これは本当にウザい。こんな時は、何も浮かばないし、何も生まれないので、単純作業にあてる(メルマガ読むとか)

    冷暖房はお店任せなので夏場は冷房がきつすぎて凍死寸前で撤退させられることも。

    図書館

    メリットは静か。調べものがあったらすぐに本を探せるとか。デメリットは仕事場ではないので、タイピングはほどほどにしないと睨まれる。あとはルンペンの方が来て、バッドなスメルが漂ってくることもあること。

    図書館は、仕事するのに向いているようだけど、なんか眠くなるんだよなぁ。

    公園

    なんといっても、メリットは解放感と心地よさ。自然の風と木洩れ日。

    デメリットは風と虫。風がある日は集中するのが難しい。それから、虫が何度も耳元に飛んでくるので、そのたびに「うわぁ」となる。ぶぅぅぅーーん。夏は蚊にも注意。

    実は、見た目ほど快適ではないのが公園ノマド。

    カラオケボックス

    平日のデイタイムのパックを利用すると安く利用できる。メリットはパーソナルなスペースを確保出来ること。他の部屋の歌声がついつい耳に入ってくるが耳栓またはヘッドホンで回避。大抵はフリードリンクがついているので、そこもメリット。

    トイレもあるし、腹が減ったらルームサービスを頼めるのもいい。気分転換に歌えるのもメリット。

    超余談。

    地元に激安(9時間で¥650)のカラオケボックスがあるんですが、ちょっと怖いんですよね。フロアが薄暗くて、何故か板を打ち付けて、入口を塞いだ謎の部屋があるっていう…(笑)。ほんと、なんか怖いんですよ。。

    ホテル

    デイタイムの利用。なんといっても快適さでは一番。ただし他の仕事場所よりもコストがネック。静かだし、集中できる。費用以外のデメリットなし。唯一あるとしたら、近場でデイタイムの設定しているホテルを探しにくい点がデメリット。

    コワーキングスペース

    これに関してはほとんど未経験。人の”いない”コワーキングスペースは数時間利用したことあり(笑)基本的に群れるのとか、慣れ合いとか嫌いなんでこれからも使うことはたぶんない、と思う。

    メリットは仲間との出会い、かな?(そういうのが好きな人はいいと思う) デメリットは話に夢中になって仕事が進まないとかなんとか聞きますよね。

    まんが喫茶

    メリットは、ある程度のパーソナルスペースが確保されること。フリードリンクとトイレ。軽食もとれるとか。漫画を読まないのでやや料金的には割高感。あとは、分煙とはいえタバコ臭い(フロアで分かれてる店ならいいけど)

    漫画が好きな人は誘惑と戦う必要あり。

    超余談。
    「漫喫」って略称は一体どうなのよっていつも思う。「まんきつ」って…。

    ビデオボックス

    まんが喫茶とほとんどメリット・デメリットは変わらず。仕事で使ったことは今のところない。だって、行ったらDVDの誘惑に勝てる気がしない…(笑)

    フードコート

    ショッピングモールなんかに併設されてることの多い、フードコート。デメリットは、それなりに人が多いのでうるさい。喫茶店に比べると子供率も高いので、一味違ううるささ。

    フードコートで仕事をするなら、隅っこの人気のない場所推奨。

    フードコートのメリットはすぐに飯が食えることと、水無料(笑)場所によっては長時間の利用は警備員に追い出されることもあるかも。

    ファミレス

    喫茶店に次いで、ここも外仕事の王道。ランチの流れから、そのまま仕事がベターだと思う。出来れば、混雑する時間は避けたい(店にも迷惑だし)

    メリットは意外とテーブルと椅子の高さが仕事するのに丁度いいこと。ドリンクバーをつけると吉。基本的に、広々していて快適。

    デメリットは長居すると店員の視線が気になること。そこそこ繁盛している店にしましょう。

    ファーストフード

    ファミレス同様にランチからの流れで仕事するのがおすすめ。デメリットは客層によってうるさいのと、大抵は椅子が硬いので、お尻が痛くなる。ドリンクもフリーではないので、飲食店での仕事場としてはやや劣る。

    メリットは…うーん。特にない(笑)

    喫茶店と使い勝手は一緒かな。食事が取れるのはメリット!?

    外で仕事することの一番のネックは

    以上 それぞれのメリット・デメリットを書いてみたけど、共通して外仕事でストレスになるのはなんといってもトイレ問題。

    トイレに立つ時は、PCをバッグにしまって持ち歩くか、セキュリティーチェーンで取られないようにした方がいいと思います。このトイレに行くのが意外と面倒なんですよね。

    何度もトイレに立つのは面倒なので、結局我慢してしまうカルロです。

    おすすめのノマドワークスポットは?

    カルロのおすすめする最適なノマドスポットは、

    1位 車

    2位 カラオケボックス

    3位 ファミレス

    ですかね。

    これ意外にも、外で仕事するのにナイスなスペースがあったらぜひ、コメントで教えてくださいネ!

    今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。