思わず『なるほど!』と唸ってしまう鋭い指摘をする名言まとめ

思わず『なるほど!』と言ってしまう鋭い指摘をする名言まとめ

すごいよ……名言。名言の素晴らしさ。

カルロ・クマちゃおしこ!
名言を愛してやまないカルロ・クマ(@carlo_kuma)です。

日々、色んな名言を集めています。

名言にはいくつかのタイプがあります。

・うまいこと言うなぁ系

・なるほどそういう視座があったのかという驚き系

・頑張ろう/やる気が出る/前向きになる系

などと勝手にカテゴライズしてみましたが、分けようと思えばまだまだジャンルはありそうです。

いずれの名言にしても『視野を高く・広く』してくれて、『精神的成長』を促してくれるのが名言というもの。

名言は、ひとつひとつの文言も短くて読みやすいので、繰り返し読んだり、思い返したりするのにも向いていますよね。

今日は、そんな数多ある名言の中から『なるほどー!』と思った名言をピックアップしました。



なるほどと膝をうってしまう秀逸な名言たち

なるほどと膝をうってしまう秀逸な名言

美輪明宏

『いじめ』」をなくすにはどうしたらいいか。
『いじめ』という軽い感じの言葉をなくせばいいのです。
『暴行』『虐待』『殺人』「犯罪』という 重い言葉を使えばいいのです。
『いじめ』はれっきとした犯罪なのですから。
『いじめっ子』は『犯罪者』なのです。

非常に興味深い示唆です。言葉が事実を規定していまうことってよくあります。

この『いじめ』と同様に『援助交際』とか『ニート』も同様だと感じますね。言葉がライト過ぎる。。

アーサー・C・クラーク(SF作家)

人類の一番の悲劇は、道徳が宗教にハイジャックされたことだ。

正義を盾にする恐ろしさですよね。

長きにわたって、人類全体で言えば『不毛なことをしている』といわざるを得ません。

アイザック・アシモフ(SF作家)

なぜ優れた身体能力を示す者はクラスメートから賞賛されるのに
優れた知的能力を示すものは憎しみの対象になるのだろう?

これ、自分のこと言ってるのかと思いました。自分で『優れた知的能力』とか言うなよって話ですけど(笑)

あくまでも自己申告ってことで^^;

ゲーテ(作家)

若いときは、興味が放蕩な為忘れっぽく、年を取ると、興味の欠乏のために忘れっぽい。

ほんこれ。『意欲』だけは失わないでいたい。

チェスタートン(作家)

人間は野生動物を奔放だと言うが、真の奔放な動物は人間しかいない。
人間のみが束縛を破って抜け出したものだ。
他の動物はすべておとなしい生物で、種族の厳格な掟に従っているにすぎない。

限界突破!って、木から降りたことから人類の歴史は始まったわけですもんね。

前例に捕らわれず奔放に生きることが、人類の本質です。それでなければ、こうした社会を創りあげることはできなかった。

ジェラルド・カーティス(政治学者)

日本は国民がしっかりしているから、政治が貧困なままでいられる。
日本の政治家は国民に甘えている。

これは単純に悪いことと片付けられないのが、日本人の主体的目線です。

長年かけてしみ込んでいる『お上』体質は、口でどう言おうと、そうそう簡単に抜けるものではありません。

リチャード・ファインマン(物理学者)

つくづく思う事はアインシュタインの偉大さだよ。

独創性、先見性、創造性、彼のそれは真のものさ。

どうやったらこんな事に気づく…。というよりは、彼の頭の中では当然だったのだろうけれど。

それを数式に示すのに時間がかかっただけなんだろうけれど。

そうなんだよ。すでに頭の中にあるんだよ。。

もう、アインシュタインよりもはるかに低レベルな話で恐縮ですけど、ブログを書くという『言語化』する作業も同じです。

自分にとって当たり前な事を表現することの難しさは、発信者になったことがないと理解できない境地。

それにしても、アインシュタインって凄い。

羽生善治

長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。

1時間以上考えているときは、考えるというよりも迷っている。

目から鱗でした。たしかになかなか結論の出ないことは、その段階で考えて『いない』のかも。

逆説的に言えば、ちゃんと考えるためには『短時間で集中して答えを出す』必要があるということですね。これは勉強になった。

サンダース(文筆家)

魚は餌を見て釣り針を見ない。

人間は利益を見て、それに隠された禍を見ない。

そして、何度も繰り返す(笑)

中国のことわざ

ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。

魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。

ただ金(寄付・援助)をやればいいというのは傲慢な態度で、実際にお金を稼げるように指導してあげるのが本当の優しさなんですよね。

立川志らく

落語は”業の肯定”、普通の映画は”業の克服”。

つまり、業の肯定とは、人間とは本来だらしないものであり、情けないものであり、怠け者なんだと。

人間とはもともとそういうもんで、いいとか悪いとかじゃなくて、まるごと認めちゃおう。

業の克服は、頑張ればできる。いい人間にはいいことが起こり、悪い人間には罰ば当たる。

『落語は”業の肯定”、普通の映画は”業の克服”』の一文にしびれてしまいました。

こういうのを言語化というんですね。凄くすっきり。



アルベルト・アインシュタイン

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

『常識を疑え』ですね。

特に若い時は意味不明な万能感と、もう大人なんだという自惚れに加えて、世界の狭さ、経験の浅さがあるので、早い段階でコレに気づけるかどうかがその後の人生を決めると思います。

高城剛

バックミンスター・フラーが「宇宙船地球号」と言った。我々は大きな意味で自給自足の生活をしているともいえる。

地球上の全員がこの意識で生活したら、きっともっとよい世の中になるでしょうね。

いんやくりお

心は、神様のかけらで、体は 、地球のかけらだよ。

ズバリすぎてぐうの音も出ないとはこのことです。

この名言、実は子供が言ったものです。『いんやくりお』興味がある方はググってみてください。

不明

科学は意味に対して盲目である。

アインシュタインの『宗教無き科学は欠陥であり、科学無き宗教は盲目である』が下書きなのかなという名言ですね。

なんでも『科学では証明されてない』とか、すぐに鼻の穴を膨らませて反論する人には、うすっぺらい人が多い印象を持っています。

芥川龍之介

運命は性格の中にある。

この短いセンテンスの中に、これだけの切り口の鋭さ。驚嘆しました。

渡部昇一(上智大学名誉教授)

世の中の善とか悪は状況次第で変わるものである。それを知っておけば、事をなすときに迷う必要はない

日本でも少し前に鬼畜米英とか言ってたわけですから、ほんとこれですね。

物事の善悪は流動的だし、相対的なもので、絶対的に固定されたものではない。

アルベルト・アインシュタイン

世界が危険な場所であるのは、邪悪な人間がいるからではなく、それに対してなにもしない人たちがいるためだ。

世界を牛耳るグローバルエリートの存在を知っていながらも、多くの人(自分も含め)特に何もせずに日常生活を送っています。

アインシュタインは、こんな警鐘も鳴らしていたのですね。

インドのことわざ

汝が生まれたとき汝は泣き、汝の周囲の人々は喜び、汝がこの世を去るときには汝の周囲の人々が泣き、汝のみ微笑むようにすべし

これは有名ですよね。泣いて生まれて、笑って死ぬ。

死に際に笑っていられるような、最期を迎えたいですね。

ヴェロニク・ヴィエン/(作家)

何かに突き当たると、水は逆らうことなく流れを変えます。行く手を遮るものがないときでも、水はさまざまに回り道をします。わたしたちの体を構成するいちばん多くの要素が水であることを考えるなら、わたしたちにも同じ性質が備わっているはずです。

うまい!

生きていくのが楽になれそうな名言です。

アンリ・ベルクソン(哲学者)

生存するということは変化することであり、変化するということは経験を積むことであり、経験を積むということはかぎりなく己れ自身を創造していくことである。

生存し続けるだけでオッケー。

ただ生きているだけでも充分に凄いことなんだって知ってました?

西村京太郎

軍隊は国家を守るものだが、国民を守るものではないと分かった。

本当に痛感させられますね。

下村湖人(教育家)

お互いに助け合わないと生きていけないところに、人間最大の弱みがあり、その弱みゆえにお互いに助け合うところに、人間最大の強みがあるのである。

強さは弱さであり、弱さは強さ。

人間を人間足らしめるのは、人間であることである……とかなんとか。



鋭い指摘をする名言たち

今回は、よくある自分を成長させるような名言ではなく、『なるほど!』にこだわって集めてみました。

何か刺さる名言はあったでしょうか?

名言好きが高じて、ツイッターで名言めいたことを私もポツポツと呟いています(笑)

よかったらフォローして頂けるとうれしいです^^

ではでは、ちゃおしこ~!

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。