7つのQRコード決済を使って約半年間でいくらトクしたか計算してみた結果

約半年間QRコード決済を使っていくらトクしたか計算してみたら驚きの金額にお得な情報・節約術
スポンサーリンク
カルロ・クマ
カルロ・クマ

ちゃおしこ! キャッシュレス決済大好きなカルロ・クマです。

QR決済で結局いくらトクしたのか

edyやsuicaの初期から電子マネーを好んで使って来た私(カルロ・クマ)ですが、昨今のQRコード決済のお祭り騒ぎにもしっかり便乗していました。

(┘´▽`)┘-ワッショイワッショイ

これまでに数多くのペイが登場しましたが、そんなペイたち(以下、なんちゃらペイ)を使い始めてから約半年が経ちましたので、この辺で一度QRコード決済で実際にどれぐらいトクしたのかをまとめてみようというのが今回の記事の趣旨です。

ぶっちゃけ美味しかった(^q^)ジュル とだけお伝えしておきます(少し下で総額発表↓)

執筆者の背景

  • 関東近郊在住
  • 三人家族(夫・妻・三歳児)
  • 決済の中心はスーパーと外食で、コンビニでは日常的にコーヒーを買う程度
  • 元々キャッシュレス大好き人間(電子マネーは初期から利用、電子マネーはすべてのブランドを体験済み、それ以前はクレカ中心でなるべくお金を下ろさない暮らしをしてた人)
  • OKストア、ロピア万歳w \(^o^)/

使ったペイ

わたしがこの半年でデビュー&利用した、なんちゃらペイ(QRコード決済)は以下の7種類。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • d払い
  • ファミペイ
  • ゆうちょPay
  • 楽天ペイ ※この期間はほとんど使ってないので今回の記事では割愛

買ったもの

買い物の比重としては……スーパー>外食>コンビニ>ドラッグストアで、主に食料品・日用品の購入が多かったです。一方で電化製品は全く買ってないです。

今回のQRコード決済のお祭り騒ぎで我が家にとって一番熱かったのは、以前から利用しているスーパーのOKストアとロピアで20%還元で食品等が購入できたことです。※PayPayキャンペーン

普段からかなりお安いスーパーなのですが、期間中はさらに20%バック(しかもOKストアは3%引きの会員割引も併用可w)ということで、日常的な買い物に加えて、それなりにまとめ買いもしました。

食品は買いだめしても味は落ちるし、飽きるし、賞味期限あるし……というわけで、あまり買い置きをしても影響のない、焼酎と指定ゴミ袋をかなり張り切って買いだめw

買いだめした焼酎

ウチでは洗剤の類はほとんど使わないので、キャンペーンでの買い置きはなしです。ティッシュ・トイレットペーパーは楽天マラソンで定期的に買いだめしているのでこれもなし。今回のキャンペーンで日用品を買いだめした人も多かったでしょうね^^

QRコード決済(なんちゃらペイ)を使って約半年でトクした総額は?

さて、そんな数々のペイを使って約半年でどれぐらい得したのかを発表したいと思います。

まずは、利用総額。

¥327,928

月に5万円ぐらいを決済している計算です。

そして、気になる還元総額は…………ドゥルドゥルドゥルドゥル……

 

チャラ―ン!

 

¥76,513

 

集計してみたら思ったよりもトクしていることがわかりました。

決済方法を変えただけで7万6千円もトクできたのはナカナカなことですよね^m^

それぞれのQRコード決済での還元の詳細は以下の通りです。

チャージして利用した額還元された額通算還元率
PayPay¥184,526¥46,26325.07%
LINE Pay¥102,838¥20,46919.90%
メルペイ¥8,001¥4,70958.86%
ファミペイ¥20,000¥2,00010.00%
d払い¥12,563¥2,57220.48%
ゆうちょペイ¥0¥500
総額¥143,402¥30,250

※還元率はキャンペーンでの還元も含む

ちなみに……妻ちゃんも同じようにQRコード決済を駆使して生活していましたので、家計的にはこれ以上にトクしていますw

それぞれのペイを振り返ってみた

決済金額からもわかる通り、おもに使っていたのはPay PayとLINE Payのふたつ還元キャンペーンの内容が強かったものが必然的に使われる結果になりました。

さて、それぞれのなんちゃらペイについての感想をコメントしていきたいと思います。

Pay Pay

Pay Pay

Pay PayをきっかけにQRコード決済に興味を持った人も多かったのではないかなというくらい、強大なキャンペーンを次々に実施していた代表的なんちゃらペイ。

『100億円あげちゃうキャンペーン』という内容・ネーミングともにインパクトがあるキャンペーンの第一弾ではアカウント認証で手こずっているうちに、予算消化であっという間にキャンペーンが終わってしまい参加できず。私が参画したのは第二弾以降のキャンペーンから。

この半年でかなり有効に利用させてもらいました。

冒頭でも書いた通り、普段から利用していたOKストアとロピアで使えるようになったのが大きかったですね。これまでは現金しか使えなかった(カードを使うと割引率が悪くなる)ので、純粋にキャッシュレスで買い物ができるようになったことも嬉しいニュース。

LINE Pay

LINE Pay

スーパー、コンビニ、外食で利用。

スキャン払いだとPay Payよりもタッチ数が多くなります。レジで決済している手順で暗唱番号入れろ(または生体認証)とか出るので結構あせります^^;

非接触決済のQUICKPayが同時に利用できるようになるのは便利。でも、LINEを使ってなかったら使わないかなという気もしないでもない。

メルペイ

メルペイ

上記の二つは『利用する』目的で使い始めたけど、このメルペイ以下のQRコード決済は完全にキャンペーンの還元だけを目当てに利用w 業界用語で言うところの『キャッシュバック乞食』ってやつです。はい、すんません……。

元々、メルカリユーザーでもないのでメルペイって、そもそもあまり利用メリットがない。

キャンペーンの美味しいところだけ頂いて、ぴったりチャージして使い切ったら、サクッとアンインストール(ひどいw)

同時にiDが使えるようになるんだけど、「edy」と聞き間違えられるのがだるいのでこちらも利用価値なし。ポストペイじゃないiDなんてわざわざ使わんて……。しかもメルペイ後払いとかいう中半端な謎サービス……何度考えても一体誰が使うサービスなのか検討がつかなかない。

ファミペイ

ファミペイ

以下同文……w

ファミペイではAmazonのギフトカードが購入できたので、チャージして即ギフトカード購入⇒アイスコーヒー購入、数十円残してアンインストール……。

ごめん、ファミマ。私はローソン派。

ファミマをよく使う人にはクーポンとスタンプが同時に処理できたりして便利みたいです。しらんけどw

d払い

d払い

dポイントカードがないからついでに使ってみようという消極的な理由で、かなり後発で使い始めたので、それほどメリットを享受できず。

サービスの走りから使い始めた人には結構メリットが大きかったのでは!?

ドコモ以外のユーザーも使えるものの、ネットショップ決済はドコモ回線のみ有効だったりして、非ドコモユーザーには使い勝手が悪い。

そもそもdポイントしか貯められない加盟店は、よくよく考えたら私の立ち回り先では今のところ「かっぱ寿司」くらいだしw……これもあまり継続メリットはなさそう。

ゆうちょPay

ゆうちょペイ

アカウント設定だけで500円くれるというキャンペーンのためだけに利用……っていうか、利用はしてないのかw

他のペイと比較して利用できる店舗も中途半端で「なんで参入しようと思ったん??」とシロウトながらに感じてしまう悲しいペイ。しかも登録しただけでキャッシュバック発生とか、イマドキおひとよし過ぎでしょw

500円頂いて速攻でアンインストール。 これが弱肉強食ってやつですかね(違います

その他のペイ

QRコード決済として有名なオリガミペイはこれまでに結局利用せずセブンペイはキャンペーンがあまり魅力的じゃなかったのでパス……と思っていたらセキュリティ問題で自滅。正直、キャンペーンが魅力的だったら自分もおにぎりおじさんになってたかもw

楽天ペイは、実はなんちゃらペイの中で一番早く利用を始めていたサービスだったんだけど、あまりキャンペーンがなかったので、今回の期間中はほとんど使わず(楽天ポイントは結構使ってるんだけど)

QRコード決済を使ってみてわかったメリット・デメリット

QRコード決済を使ってみてわかったメリット・デメリット

約半年に渡ってQRコード使ってみてわかったことを書いてみます。

正直めんどくさい

もういきなり元も子もないこと言っちゃうんだけど『正直めんどくさい』ですw

還元がなかったら絶対に使わない(断言)

いちいち立ち上げないと決済できないことにはいつまでも慣れない(なかなか開かないこともあってこれまたダルダルダルメシアン……)

なかでも特に面倒なのがポイントカードと併用する時と、支払い金額を自分で入力するスキャン払い。

ポイントカード(Ponta&Tカード)はスマホでバーコード表示できるようにしてあるものの、QRコード決済をする時は画面を開きなおすのが手間なので、逆に物理カードを提示する始末(本末転倒)

スキャン払いはバーコードなかなか読み取れなかったり、金額入れ間違えないか緊張したりで、快適な支払い方法とはとても言えない。

キャッシュレス決済できるスマホ端末の選択肢が増える

特に格安SIMだとおサイフケータイ対応端末の選択肢は限られているので『おサイフケータイ』でなくてもキャッシュレス決済ができるようになったという意味では、端末の選択肢が増えたという点ではメリットですね。

ただ、おサイフケータイの快適さとは月とスッポンポンほど違うので「それじゃあQRコードでいいや」とはなかなかなりません。電車にも乗れて、いろんなところで買い物にも使えて、高速決済できる、モバイルsuicaはやっぱり神すぎるわけです。

今後も使う?

もう答えは出ていますね( ̄▽ ̄;)

魅力的な還元が終わったらQRコード決済なんて使いません!w

QRコード決済は「いらない」とか不要論を言う奴ら

さて、ごちゃごちゃ言い訳しながら乗り遅れた皆さん大変お疲れ様です(煽りすぎw

セキュリティ的に心配だから使わない

「セキュリティ的に心配」とか言って使わない人がかなりいるみたいですけど、セキュリティ云々言ったら現金からクレカまでそれなりのリスクはそれぞれ色々あるからねって話なんですよね。

ワープロが出たら「手で書いた方が早い」と宣い、携帯が出たら「いつでもどこでも捕まるのが嫌だから持たない」と言い、電子メールを仕事に使うようになったら「電話した方が早い」と周りから煙たがられ、スマホが出れば「どうせ通話にしか使わないからガラケーで十分」とかやせ我慢を言うのとすごーく重なるように私は思います。

実際のところ「変化すること」が嫌いな、受け売りマンが実態でしょ?

今さらQRコード決済とか馬鹿でしょ? 非接触型決済で十分! Suica最強!

たしかにQRコード決済は支払い方法として『じぇんじぇんスマートではない』ので、その点で支払いが早い他の方法(クレジットカード・非接触型決済)を選択するというのは十分理解できます

ただ、冒頭でも書いたとおり約半年間でQRコード決済で支払いをしただけで7万6千円のキャッシュバックが得られたのは十分すぎるメリットだと私は思いますけどね。手間をかけた甲斐はあったんじゃないかと。

現金じゃないと使いすぎるからイヤ

はいはい解散w

 

とかなんとか煽ってみたところで個人的にはどうでもいいんですけどね^^;

まとめ

というわけで、まとめると……

  • 約半年で7種類のなんちゃらペイを使ったら約7万6千円のキャッシュバックが得られた
  • めんどくさいけど使ってるのは還元率が魅力的だから
  • お祭りが終わったら非接触型+クレジットカードに戻る

というわけで、QRコード決済バブルが終われば「そういえば昔、なんちゃらペイとか流行ったよね」みたいなことになる予感しかしません。

逆にQRコード決済が定着するなんてことはあるんですかねぇ。

てなわけで、ちゃおしこ!

 

タイトルとURLをコピーしました