くら寿司のカリフラワーライスカレーと糖質オフ麺は想像以上にイイ?

くら寿司のカリフラワーライスカレーと糖質オフ麺は想像以上にイイ?低糖質・糖質オフ商品
スポンサーリンク

くら寿司は糖質制限向きの回転寿司チェーン!

カルロ・クマ
カルロ・クマ

ちゃおしこ! 回転寿司では青魚が外せないカルロ・クマです。

アジ・イワシ・サンマ大好きなんですよね……ま、言い出したら結局、嫌いなネタなんて何一つないただの食いしん坊なんですけど(笑)

さて、今日はくら寿司の糖質制限メニューの実食レポートをお届けします。

くら寿司と言えば、シャリプチ(通常の寿司のシャリが半分)やシャリ野菜(シャリが酢漬けの大根)などと回転寿司チェーンの中で率先して、糖質制限を意識したメニューを投入してくれている、ありがたいお店。

そんなくら寿司から、新たに販売開始となった『胡麻香る坦々糖質オフ麺』と『カリフラワーライスカレー』を今回食べてきました!

糖質制限メニューとして、アリなのかナシなのか? 美味しいのか? そのあたりをレビューしていきたいと思います。

胡麻香る坦々糖質オフ麺

まず、一品目は『胡麻香る坦々糖質オフ麺』です。

↑一応これが正式名称なわけですが、ネーミングが正直微妙ですね^^;

どうしてそこに「糖質オフ」をぶち込んだのか?w

坦々麺という固有名詞の間に割って入る「糖質オフ」……言うたら「ラーメン」に対する「ラー糖質オフメン」みたいなことですよね? ―――なんてことが気になるわけですが、そんなことはどうでもいいですか……そうですか。

さて、こちらがその『胡麻香る坦々糖質オフ麺』です。

くら寿司 胡麻香る坦々糖質オフ麺

通常の「胡麻香る坦々麺」の麺を糖質オフ麺にチェンジしたもので、他の通常ラーメンメニューも全種糖質オフ麺に対応しているみたいです。

見た目はフツーの「回転寿司サイドメニューのラーメン」です。

さて、実食です。

まずはスープを一口……。

 

ほほぅ。

 

スープは回転寿司屋さんらしく魚介系の出汁を強く感じます。コクは担々麺として考えるとちょっと弱いかなと思います。辛味はそこそこです。そんなに辛くないです。

ここまでは通常の担々麺のスープと変わりません。気になるのは糖質オフ麺の方ですよね。

麺にいってみます。ズズズズズズーーブブブーボボボー…… ※実際の音とは異なります

 

ほほぅ。

 

どちらかというと白滝(糸こんにゃく)っぽい感じですね。完全にこんにゃくではないんですが、麺かこんにゃくかと問われたら「こんにゃく!」と即答せずにはいられない位のこんにゃく感です。

常々、糖質オフ麺を食べていて思うんですが、美味しさと糖質はやっぱりトレードオフですよね。

ラーメンとしてはちょっと物足りない感じはしますが、まずくはないです。そこそこ食べられる仕上がりですが、やっぱり『ダイエット食を食べてる感』は隠し切れません。

鼻につく(←言い方w)こんにゃくの香りと、こんにゃくがゆえのスープの味と絡みづらい感じの麺です。

私はこんにゃくが元々それほど好きな方ではないんですが、こんにゃくが好きな人は全然イケるレベルだとは思います。でもやっぱりラーメンではないかなーって思ってしまいますねw

外食の糖質オフ麺として、ガストの「糖質オフのほうれん草麺」と比較すると、ガストの方が断然美味しいですね。あちらは味の絡みと食感がかなり良くできています。もっとも麺の味わいは糖質とのトレードオフなので比較するべくもないんですけど^^;

 

ちなみに『胡麻香る坦々糖質オフ麺』の糖質は7gで、価格は税別390円です。

価格的には、いまひとつ……ですね。振り返ると思ったより「高い」と感じます。

 

【カルロのオススメ指数】3.0 「あり」と言えば「あり」だけど、自分が健常者だったら食べないかなぁw でも、糖質オフでそこそこ腹の膨れるメニューなので、他のスープや冷やしバージョンも今後は食べてみたいです。

余談。

糖質オフで他のラーメンもあるんですが、糖質オフの割合と糖質量が全然違うので、一概にすごく低糖質だと思って食べない方がいいみたいです。

それぞれ糖質量が全然違いますw

くら寿司 糖質オフ麺 ラインナップ

一番上が冷やし中華25.3gで、下は濃厚味噌の1.3g……糖質量の幅がすごすぎるでしょw

っていうか、どれも通常麺から糖質オフ麺にチェンジしただけだと思うので、糖質オフの割合がバラバラなのはスープと付け合わせによるものですね。

くら寿司の糖質オフ麺シリーズは、メニューによって糖質量が全然違うので注意が必要です。

カリフラワーライスカレー

続いては『カリフラワーライスカレー』です。

どちらかと言うと上で紹介した糖質オフ麺よりも、こちらの『カリフラワーライスカレー』を楽しみに来店した私。

実はカリフラワーライス初体験なのです。ぐふふふ。期待に腹がふくらみます(違うw

こちらが、くら寿司の『カリフラワーライスカレー』

カリフラワーライスカレー

パッと見、普通のカレーライスと変わりません……いや、嘘つきましたw

目を細めて、パッと見れば普通のカレーライスと変わらないぐらいです。でも、色合い的にはほとんど違和感はないですね。

こげ茶色のカレールーに、刻んだカリフラーで作ったライスの組み合わせはコントラスト抜群です。

はやる気持ちを抑えながら、いざ実食。

パクっ……(´~`)モグモグモグモグ……。

 

ほほぅ。

 

カレーは甘みを感じるもののピリ辛なシンプルなカレーで、スパイスの香りは弱めな印象です(カレーには甘口もあって、今回食べたのは普通の方)

見た目からもわかる通り、具はほぼほぼ見当たりませんw よくあるレトルトカレーの感じですね。

カリフラワーライスはシャクシャクした食感で、カレーと実によく合います。違和感なし。

単体で食べると硬めに茹でた《ただのカリフラワー》ですが、カレーと一緒に食べるとカレーライスを食べているような気分にはなれます。ツブツブの食感が意外に美味しいですね。これは「あり」寄りの「あり」です。

一点、残念なのはカリフラワーライスが、ややベチャっとしていて下に水が溜まっていたこと。

冷凍のカリフラワーライスを使っていると思うのですが、解凍したドリップが出ている感じですね。自分で解凍するならキッチンペーパーでしっかりと水切りしたいところですw

回転寿司のサイドメニューとしては面白いですし、食事としての完成度もまずまずなレベルだと思います。素直に「また食べたい」と思わせる味わいでした。これなら健常者もOKなレベルかと。

気になる糖質は24.6gで、価格は税別280円……って、上で紹介したラーメンよりも100円お安いんですねw カレーの方が高いと勝手に思い込んでいました。

糖質x満足度xコスパでは、ラーメンよりカレーに軍配ですね。

【カルロのオススメ指数】4.0 わざわざ外食でレトルトカレー食べなくても……という気もしますがw 回転寿司に行って糖質制限の逃げ道があるのは嬉しいです。それにしてもカレーにカリフラワーライスってすごく合うんですね。噂通りで感動しましたw

 

この他にシャリプチ(全種類に対応しています!)でお寿司もつまんで大満足な《くら寿司》ランチでした^Q^

糖質制限中の回転寿司なら『くら寿司』一択で間違いないかと。

てなわけで、ちゃおしこ!

ちなみに上記メニューは妻ちゃんとシェアしながら食べました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました