セブン&アイ サラダチキン(プレーン)【糖質0.6g】

セブン&アイ サラダチキン(プレーン)パッケージ 低糖質・糖質オフ商品



セブン&アイのサラダチキン プレーン味をレビューします!

ちゃおしこ! 鶏むね肉を食べるのは『作業』だと思うカルロ・クマです。

いまさらサラダチキンのレビューなんか誰が読むんだよー。

私もそう思いました。でも、このブログでは低糖質商品のレビューを網羅的にしていきたいので、作戦としてこういう基本的なアイテムも押さえていきたい。

正直、私だって書きたくありません(笑)

だってもう何度も食べてて新鮮味なんかないんだもの……えーんえーん。 ※40代のおっさんです

え? 嘘泣きバレた?

冗談はさておき、セブン&アイ サラダチキン(プレーン)をレビューしていきます。

セブン&アイ サラダチキン(プレーン)中身

セブン&アイ サラダチキン(プレーン)

袋から取り出し、カットしてお皿に載せてみました。

サラダチキンだけに……皿だチキン……はい、おもクソ滑ったのは自分が一番分かってます。ズルっといったよ。ズルっとな。

普段はこんな上品に食べたりしないです。袋をむいて、そのままガブリです。

ちなみに、サラダチキンよく食べる人は知っていると思いますが、意外と中に水が潜んでるんですよね。。

しかも固くて開け辛いから余計に力入って、水こぼすっていう負の連鎖(大げさ)

なんで、車で食べたりするときは開封時に要注意です。

さて、レビュー。

見た目は、全くもって何の変哲もない鶏胸肉です。

皮は処理されているので、ちょっと残ってる感じの部分もあるけど基本ついてないです。

表面はヌルヌル感がありますが、これは多分しっとりさせるために、表面に粉をまぶして蒸し上げてるんだと思います。

原材料に小麦粉があるんで、たぶんそれ。

料理する人ならよくご存知だと思いますが、肉は火を入れる前に粉(片栗粉でもOK)をまぶしてから調理すると肉の水分やうまみが逃げずにしっとり仕上がるんですよ。

とかいう豆知識を披露しつつ実食です。

って、もう死ぬほど食べてるプレーン味。いまさらですが、ちゃんと味わってみます。

パクッ……モグモグモグ。。

もう、ザ・鶏肉! 鶏ムネ以外の何者でもないです。何も邪魔しない味。原点ですね。

胸肉なのに柔らかくて食べやすい。それも、柔らかすぎない絶妙なラインを攻めてきます。

水分含有量多めなので結構しっとりしていて、写真を撮るためにカットしたらポロリと崩れました。

プレーンな味で誤魔化しようがないんですが、鶏肉に臭みのようなものは全く感じられないのは素晴らしいですね。

味は普通にしょっぱいです。これ単体でムシャムシャ食べてると『塩分取りすぎじゃね?』って感じますが、大丈夫です。食塩相当量で1.1gなので、まじでソコソコ入ってます(笑)

いや、量としてはいたしたことはないんですが、このサイズに使われる量にしてはちょっと多いかなーって感じですかね。

セブン&アイ サラダチキン(プレーン)栄養成分表

栄養成分表示見やすい

栄養成分表の字が大きくて、老眼の始まったおじさんでも見やすくて嬉しい限りです。

それと、パッケージの表側に表示されてると、店頭で手に取らなくても確認できるので、なにげに便利なんですよね。いっそのこと全ての商品をこういう表示に義務付けて貰いたいぐらい。

糖質だのカロリーだの確認したくて、ひっきりなしに棚の商品を取っては裏を見て戻すの、めんどくさいし、何より恥ずかしいんですよ。動きが完全に不審だし。リアルに変なおじさんの年頃なんで、こういうの気になります。

この手のサラダチキンは家でも外出先でも、何度となく食べましたが、味がシンプルすぎる故に食べ飽きるのが難点。

なので、家では色んな調味料をかけて味変を楽しむのが正解です。

ま、もともとしょっぱさは十分なので、塩分系のモノ以外での味変がおすすめ。

私が特に気に入ってのはラー油です。これをぶっかけると、大抵のものが美味しくなるという『中国から伝来した不思議な油』なんですが、サラダチキンにも爆裂合うので試してほしいです。

サラダチキンにはラー油が合う

サラダチキンにはラー油が意外にマッチ

あと、お酢も意外といけますよ。サラダチキンの味に飽きてきたら、ぜひお試しくだせぇ。

さて、糖質は100gあたりで0.6g。内容量は115gなので、ほぼほぼこの通りと思われます。まー、鶏むね自体、元々糖質ないので、なんの意外性もないですねw

めっちゃ普通です。

いや、鶏胸ぐらい自分で茹でろよって話。

でも、外出先でタンパク質取りたいってなると、肉メニューはたいてい衣のある揚げ物メインになってしまうので、重宝するアイテムなのは間違いないんですよね。

サラダチキンという名前の通り、元々はサラダにするための下処理されたチキンという位置づけだったようですが、糖質制限ブームに乗って一般に浸透したっていう感じですよね。

あ、筋トレしてるクラスタは最初から常食してましたけどw

今となっては沢山の種類のサラダチキンが発売されていますが、このセブンのサラダチキンは、かなり昔からあったように思います。言うたらサラダチキン界の先駆者ですね。

最近はサラダチキン業界(←ねーよw)も色んな味と形のバリエーションが出てきたので、以前のような『サラダチキンをモサモサ食う苦行』みたいな感じが和らいできたのは嬉しい限り。

今後は違う味もレビューしていきたいと思ってます。

てなわけで、ちゃおしこ!



参考価格

税別 198円

栄養成分 100gあたり

セブン&アイ サラダチキン(プレーン)栄養成分

エネルギー  107Kcal
たんぱく質  24.3g
脂質     0.7g
炭水化物 0.9g
糖質     0.6g
食物繊維   0.3g
食塩相当量  1.1g

原材料

セブン&アイ サラダチキン(プレーン)原材料

鶏むね肉、食塩、チキンスープパウダー、醸造酢、植物性たん白、香辛料、酒、たん白加水分解物、マルトデキストリン、小麦粉、ホエイパウダー、卵白粉、酵母エキス、ぶどう糖、野菜パウダー、加工澱粉、PH調整剤、塩化K、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、グリシン、香料、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含む)

内容量

約115g

ブランド/メーカー

セブン&アイ/プリマハム

【カルロのオススメ指数】
4

すごくうまい食べ物ではないけど、無いと困るサラダチキン。原点オブ原点。

↓ セブン&アイじゃないけど、サラダチキンのまとめ買いしてストックしておくと何かと捗ります。。

タイトルとURLをコピーしました