windowsで英数入力が突然『半角カナ』しか入力できなくなった時に入力モードを1秒で直す方法 – あと130日

windowsで突然『半角カナ』しか入力できなくなった時に入力モードを1秒で直す方法 – あと130日

8月23日(水)の糖質制限ダイエット日記

カルロ・クマちゃおしこ!
カルロ・クマ(@carlo_kuma)です。

今日はダイエットとは全く関係のないネタ^^;

半角カナしか入力できなくなった時に元に戻す対処方法

ブログを含め、文章の入力が乗ってくると、ちょっとしたハイな状態になって、まるで演奏に没頭するピアニストのごとく、キーボードを鮮やかにカタカタと叩いて恍惚としてしまう時ってありますよね。

でも、そんな時に限って打鍵がブレて、入力モードが突然おかしくなることも多い……。

英数 ⇔ ひらがなや、大文字 ⇔ 小文字とかは、サクッとボタンひとつで切り替えができるので、入力のテンポにそれほど影響はありません。

しかし、一番厄介なのが半角に切り替えして英数を打ちたいのに『半角カナしか入力できなくなる』という現象。

例えば『windows』と入れたいのに『テニミシラテト』となっとしまうような時のことです。

キーボードにそれらしき切り替え表示もありませんし、日常的に半角入力を英数 ⇔ カナで運用することなど普通はありませんから、こうなってしまうと切り替え方法がなかなか分からずに、イライラしてしまうという方も多いと思います。

私も執筆に夢中になって乗ってきたところで、この現象が起こるので、その都度『ムキーー!』とイライラしながら対応していました。

しかも、この現象は『時々』しか起こらないので、いざとなるとどうやって元に戻したのか思い出せずに、その都度調べたりする必要があって、完全に入力の勢いを止めてしまうんですよね。

でも、私も一応は霊長類のはしくれです。いつまでも『強制半角カナ入力モード』に怯えているわけにはいきません。

私は武器を取ることにしました。その武器とは『メモ』です(笑)

――というわけで、英数を打ちたいのに半角カナになってしまう時の対処方法(解除方法)は次のとおり。

Ctrl + CAPS LOCKを押す。

たったこれだけです。

これを分かりやすいところにメモをしておくなり、付箋を貼っておくなりしておけば、もう『強制半角カナ入力モード』を恐れる必要はありません。

1秒で対処可能です。

こうしておくと作業の手を止める必要がなくなるので、お困りの方はぜひお試しください。

※それぐらい覚えろよ……とか言われそう(笑) でも、この現象って『忘れた頃にやってくる』系の本当にレアな現象なんですよー。

朝食

オムレツ・納豆・プロテイン 朝のタンパク質最強セット

オムレツ・納豆・プロテイン
朝のタンパク質最強セット

この他にクラッカー2枚。



昼食

チキンステーキ・納豆・プロテイン 朝のオムレツがチキンに変わっただけのメニュー(笑)

チキンステーキ・納豆・プロテイン
朝のオムレツがチキンに変わっただけのメニュー(笑)



夕食

ミートボールのトマトソース

ミートボールのトマトソース

しめ鯖

しめ鯖

炒り卵とソーセージ

炒り卵とソーセージ

ブロッコリー

ブロッコリー

桃 頂いた桃もそろそろおしまいです


頂いた桃もそろそろおしまいです



本日の体重

体重 94.8kg → 本日89.75kg(-5.05kg)
今日はダイエット開始から189日目です。

体重グラフ

てなわけで、ちゃおしこ!

【はじめてお読みになる方へ】
この糖質制限ダイエットのまとめ記事はこちらですฅʕ•ᴥ•ʔฅ

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。