糖質制限ダイエット中でもカレーが食べたい! 糖質を減らすレシピとライスの誘惑への対処方法– あと136日



8月17日(木)の糖質制限ダイエット日記

カルロ・クマちゃおしこ!
カルロ・クマです。

今まで出会ってきた人の中で、カレーが嫌いだという人に会ったことがない。

もちろん、どこかにはカレーが嫌いっていう人もいるんだろうけど、多くの人が好きに違いないであろうカレー。

一体、何が人間をそうさせるのか、あの香りを嗅いだだけで、簡単に食欲のスイッチがオンになるという恐ろしい食べ物です。

そして、食べ始めたら止まらない禁断の食べ物でもあります。

しかも、カレーってヤツは『一度食べたいと思ったら、ずーっと食べたくてしょうがなくなる』呪いの食べ物ランキング絶対王者(注:俺調べ)です。

当然、糖質制限ダイエット中でもカレー(正確に言えばカレーライス)が食べたくなるわけで……かといって普通に食べてしまっては、糖質を取り過ぎてしまうことは目に見えています。

では、諦めるのか? と問われれば、『いや、諦めません!……食うまでは!』とかなんとか。

『カレーが食べられないなんて、拷問ダイエットは私には絶対に耐えられません!隊長!』

というわけで、私が実際にやっている、糖質制限中でも意外とセーフなカレーの食べ方について今日は書いていきたいと思います。

まずは、カレールー。

我が家では、ジャワカレーのスパイシーブレンドを定番にしています。

これはハウスのカレールーのラインナップの中で『辛味6』になる一番辛いルーで、糖質は炭水化物量で1皿分あたり8.6g。

甘口の方が糖質が高いのかと思いきや、他のノーマルの<辛口><中辛><甘口>と比べても、辛さの度合いによって糖質の量が大きく変わることはないようです。

どのルーもだいたい似たり寄ったりですが、今回は記事を書くにあたって、ザッとハウスのジャワカレーシリーズだけしか見ていないので、他のブランドではどうなっているかはわかりません。

※カレールーの比較についてはまた後日、記事にしたいと思います。

カレーに入れる野菜

さて、カレールーからカレーを作るわけですが、我が家では、ジャパニーズカレーの定番である『にんじん』『じゃがいも』は入れません。

『にんじん』と『じゃがいも』を入れない理由は、根菜類は糖質が高いからというのはもちろんなんですが、単純に、入れない方がカレーの味がシャープになるので、糖質制限をする以前から好みで『入れないカレー』を作っています。

したがって、具材として入れるのは玉ねぎと鶏肉のみ。炒める具材は玉ねぎだけで、鶏肉は別途、圧力鍋でホロホロに柔らかく茹でた上で、割いてカレーに投入します(蛇足の説明→鶏肉の皮は剥き、茹で汁はカレールーに使う)

できあがりはココイチの『チキン煮込みカレー』のイメージです――というか、夫婦揃ってココイチの『チキン煮込みカレー』が好きで、自宅で作る際に似せて作るようになりました(笑)

そして、出来上がったカレーを白ご飯にかけて……といきたいところですが、ゆる糖質で一食あたりの糖質を50g以内に制限している場合、カレールーだけで糖質は8.6gですから、目標以内にするためには、ご飯の量は100g(糖質37g)程度が上限になってしまいます。

しかし、カレーで食べる100gのご飯って、一瞬で食べ終わってしまう量なんですよね^^;

なので、いかにご飯(糖質)を食べずに『カレーを食べたという満足感』を演出するかというのが重要になってきます。

そこでおすすめしたいのが、私が実際にやっている次の3つの方法です。

(1)カレー単体で美味しく食べる(そのまんまですねw)

(2)温かい豆腐にかけて食べる(レンチンした奴にぶっかけて食べます)

(3)マンナンご飯にかけて食べる(普通の白米よりも糖質を取らずに済みます)

こうした工夫をすることで、普通にカレーライスを食べるよりも糖質をとらずに、満足感を上げることが可能です。

それぞれの方法を簡単に説明します。

(1)のそのまま食べるという方法は、昨日紹介した『ご飯は全てのおかずが終わってから食べる』という方法でもあります。

↓ 昨日の記事

ひとしきりカレーをすすってから、最後にその余韻を感じながらご飯を噛みしめて食べるという方法ですね。

ダイエット師匠的に言えば(←誰だよw)『ご飯にカレーをかけて食べたいだとぉ? 100年早いわたわけー! 寝言は寝て言えゴルァ』……というわけです。

(2)の豆腐にかけるというのは、このブログでも以前に書いたことがあると思いますが、単純に『ご飯代わりに豆腐でカレーを食べる』というものです。

もはやカレーライスではありませんが、これはこれで別の食べ物として普通に存在してもいいぐらい美味しい食べ方です。

ポイントとしては、豆腐は温めておくこと。冷たい豆腐だと、カレールーの脂肪分が固まってザラついてしまうので美味しくいないのです。

この方法であれば、スーパー糖質制限の方でも食べることが可能です。

豆腐にカレーをかけるの図(過去記事より)

豆腐にカレーをかけるの図(過去記事より)

(3)のマンナンご飯にかけて食べるという方法は、今回の糖質制限ダイエットを始めてからはやっていませんが、糖質をセーブするという点では有効です。

ただしマンナンを混ぜても、ご飯 is ご飯ですから食べ過ぎに注意。

この方法で、ご飯の量に対する誘惑にどう打ち勝つかは……個人の精神力がものをいいます。『カレーでご飯が存外に捗る』という構図はご承知のとおりです(笑)

マンナンを混ぜても、満足できる量を食べられない(コントロールできない)としたら、先に紹介した二つの方法の方が、糖質制限ダイエット的には安全な作戦かなと思います。

ちなみに、マンナンのほかに、刻んだ『しらたき』を入れたりする方法もあるんですが、マンナンひかりの方が癖がなくて食べやすい(ほとんど入っている感がない)ので、もっぱら私はマンナンご飯でした。手軽ですしね^^

↓ 一人暮らしならコレ一択

というわけで、糖質制限ダイエット中にカレーを食べるための方法をまとめると――

・カレールーの糖質は、どれを選んでも似たり寄ったりでほとんど変わらない

・具に根菜類は入れない(じゃがいも・にんじん)

・ご飯にかけて食べようと思わない(マインドセットを破壊してください  (C)自己啓発風w →詳しくは<昨日の記事>参照)

上記の3つを守れば、糖質制限ダイエット中でもカレーを楽しむことができるハズです。

今回の記事が、あなたにとって『カレーを上手に食べる』なにかのヒントになりましたら幸いです^^

朝食

目玉焼き

目玉焼き

納豆

納豆

マヨトーストと熟成チーズ

マヨトーストと熟成チーズ

この他に、プロテインを飲みました。

昼食

トマトミートボールとほうれん草

トマトミートボールとほうれん草

納豆

納豆

玄米ご飯100g

玄米ご飯100g



夕食

禁酒17日目。

鳥つくね焼き

鳥つくね焼き

納豆

納豆

かいわれ大根

かいわれ大根

ウインナー

ウインナー

茹で小松菜

茹で小松菜



本日の体重

体重 94.8kg → 本日90.45kg(-4.35kg)
今日はダイエット開始から183日目です。

体重グラフ

てなわけで、ちゃおしこ!

【はじめてお読みになる方へ】
この糖質制限ダイエットのまとめ記事はこちらですฅʕ•ᴥ•ʔฅ

★この記事が「いいなぁ」と思ったら、下のボタンからシェアお願いします!