スーパー糖質制限orゆる糖質制限どちらがいいのか?メリットとデメリット– あと152日

スーパー糖質制限かゆる糖質制限どちらがいいかメリットとデメリット– あと152日



8月1日(火)の糖質制限ダイエット日記

カルロ・クマちゃおしこ!
カルロ・クマです。

体重がやばいことになってる…

どっからどう見ても、ゆるゆると体重が上昇しているようにしか見えません(冒頭のグラフ参照)

これはヒジョーにまずいです。過去最悪のドローダウンです……。

体重計を買い換えたせいにしようかと思いましたが、以前の体重計で計っても似たようなものでした(笑)

新しく買った体重計の話 ↓

そんなこんなで体重も減らずに、ダイエットのモチベーションも低下しているこの頃。

そんな状況を打破するため、昨日の記事では、今月から気合入れてダイエット仕切りなおすっていう話を書きました。

具体的に何を頑張るかというと、

・1カ月完全禁酒
・同じく完全お菓子断ち
・有酸素運動やる

……の3点。

んで、長らくしっかりと割り込んで定着したことのない『90kgの壁』を明確に8月中に割ることを目指します。

そして、もし実現できなければ罰ゲーム発動です。

もし8月が終了した段階で、『90kgの壁』を明確に割り込んでいなければ、次の3つを暴露する記事をアップすることにしました。

・初恋の女の子の名前
・カルロが似ていると言われる芸能人は誰か
・アレの長さw

どれもこれもバカバカしくって誰得って話ですが、罰ゲームだから仕方ありません。言うたら、暴露の押し付けです(笑)

最悪にも、8月の仕切り直しダイエットが失敗したら、暴露ネタを受け取ってやってください。そうすると私が喜びます。

なんでこうなった?

今回のダイエットはメインに『糖質制限』を据えていたんですが、当初は1食の糖質20g以下でご飯・麺・パンなどを一切食べないというスーパー糖質制限でした。

3カ月で5kgほど痩せたものの、辛すぎる割りに痩せないなってこと(スーパー糖質制限に対して、ちょっと疑問を持ってしまったというのもあります)で、ゆる糖質(1食の糖質50g程度)+筋トレに鞍替えしました。

今から思えば、どうやら『ゆる糖質制限』に切り替えたことが、間違いの始まりだったようです。

スーパー糖質制限から、ゆる糖質制限に変えて何が変わったか

ゆる糖質に変わって、米・麺・パンを解禁したことで、食べられないというストレスはたしかに激減しました。

しかし一方で、ゆる糖質制限にしたことで、ストイックな心構えがなくなってしまい、全体量をコントロールする気持ちがゆるくなってきてしまいました。

米・麺・パンを食べてもいいものの、規定ラインに収まるように食べるというのが、実は結構難しいのです……。

食事をする度に、食べ始めたもの(炭水化物)をどれぐらい残すか/食べるかというのは、毎回、葛藤があり戦いになるわけですが、いかんせん誘惑に弱いのが人間という生き物。

規定量を超えることもしばしばです。

例えば回転ずし行き、ゆる糖質制限(糖質50g)で食べて良いのは6貫程度ですが、頭でそうは分かっていても、回転寿司に行ったら最後、糖質超過間違いなしです。そもそも、6貫で満足なんてできるわけがないですからね……。

一方で、スーパー糖質制限であれば、『米は食わない』という明確なルールがあるので、行っても刺身だけを食べるとか、サイドオーダーを頼むとか、米を一切口にしないことも可能なわけです。

たんぱく質と脂質と繊維でお腹を満たして満足させるのがスーパー糖質制限です。

最悪、少し食べたとしても、ルールを破った罪悪感があるので、沢山食べてしまうこともありませんし、最初から回転寿司という選択肢もまず選びません。

今回実際に、スーパー糖質制限→ゆる糖質制限とやってみて、ゆる糖質制限の『規定量以内で糖質を摂る』ということが、思いのほか難しいことがわかりました。

スーパー糖質制限で、最初から全く米・麺・パンを食べないと決めていた方が、ルールとしては分かりやすいし、遥かにやりやすいということです。

こうして私は、現在の『ゆる糖質制限』で、規定量が実は守れていない(余計なものをつまんでいることも含め)ことが、体重が減少しない原因ではないかなと思っています。

それぞれのメリットとデメリット

というわけで、まとめます。

【スーパー糖質制限】

メリット:ルールが『食べない』と明確なので、分かりやすく守りやすい。そもそも糖質を超過すること自体がありえない。

デメリット:米・麺・パンを食べない生活は現代社会では辛すぎる。外食で食べられる選択肢が極度に減る。ストレスがたまる。

【ゆる糖質制限】

メリット:米・麺・パンを食べられるので食事のバリエーションが広がる。外食も幅が広がる。ストレスがたまりにくい。

デメリット:摂取する量を自制するのが難しく、ルールが簡単に破られるようになってしまう(そもそも太る人には自制心というものが欠けているから太った訳で……)

この他に、ゆる糖質制限になって気づいたのは、スーパー糖質制限をしていた時は『間食』を取らなかったのに、ゆる糖質になった途端に間食を取るようになったことも大きいかもしれません。

一日の規定量取ってないなら、お菓子も食べてOKみたいなノリになってしまいましたからね……。

さらに、スーパー糖質制限の時は、『手軽に食べられるおやつがかなり限定される』というのも、自然と間食を止める良いきっかけになっていたのかもしれませんね。

それじゃあ、スーパー糖質制限に戻る?

戻りません!(笑)

理由としては、上記でも触れましたが『(辛い割に)思ったほど痩せない』ってことと、『それって身体にとって、本当のところどうなんだろう? という疑問』の二つに尽きます。

スーパー糖質制限で週に1kgペースで落ちるならやりたいなとは思うんですけどね(←当初はこういうイメージだった……しかも、最後は停滞したし……)

というわけで、スーパー糖質制限も、ゆる糖質制限も一長一短です。

性格や体質、生活における運動強度によっても変わってくると思います。

わたしのおすすめとしては、『スーパー糖質制限→ゆる糖質制限』か『ゆる糖質制限→スーパー糖質制限』のように、どちらも経験してみて、やりやすい方(または効果が高い方)をやるのがいいんじゃないかなというのが結論です。

朝食

目玉焼き・納豆・プロテイン いつもの朝のたんぱく質補給トリオ

目玉焼き・納豆・プロテイン
いつもの朝のたんぱく質補給トリオ

のり塩ポテトチップス 33gちゃんと計って食べる(笑)

のり塩ポテトチップス
33gちゃんと計って食べる(笑)

写真の量で糖質がだいたい17.7g。

食パン6枚切りを1枚食べるよりは糖質量は少ないけど、脂質と栄養価的にどうなんでしょうって感じです。

昼食

ブリのソテー 昨晩のお刺身の残りリメイク

ブリのソテー
昨晩のお刺身の残りリメイク

麻婆豆腐

麻婆豆腐

いか天 衣はほぼ剥がして、半分は妻ちゃんへ

いか天
衣はほぼ剥がして、半分は妻ちゃんへ

買い物へ行く妻ちゃんに『イカフライ』を発注したら、どういうわけか、『イカ天』を買って来られたでござるの巻。

この他にプロテインとベビースターの小袋ひとつ(糖質は16.4g)

昨日の宣言どおり、ここからお菓子禁止発令 ฅʕ•ᴥ•ʔฅ



夕食

蒸し鶏 ごまミソマヨのソースで食べる

蒸し鶏
ごまミソマヨのソースで食べる

レタス

レタス

ブリのガーリックソテー 妻ちゃん、これ昼と同じメニューや(笑)

ブリのガーリックソテー
妻ちゃん! よく考えたらこれ昼と同じメニューや(笑)

ちびきゅうり 普通のきゅうりになる前に間引かれた奴ね

ちびきゅうり
普通のきゅうりになる前に間引かれた奴ね

ミニチキンラーメン 糖質20gくらい

ミニチキンラーメン
糖質20gくらい

もちろん禁酒。



本日の体重

体重 94.8kg → 本日92kg(-2.8kg)
今日はダイエット開始から167日目です。

体重グラフ

てなわけで、ちゃおしこ!

【はじめてお読みになる方へ】
この糖質制限ダイエットのまとめ記事はこちらですฅʕ•ᴥ•ʔฅ

★この記事が「いいなぁ」と思ったら、下のボタンからシェアお願いします!