炭水化物抜きなんてダメダメ!スーパー糖質制限ダイエット……やめます(糖質制限ダイエット日記・残り231日)

炭水化物抜きなんてダメダメ!スーパー糖質制限ダイエット……やめます(糖質制限ダイエット日記・残り231日)

糖質制限ダイエットやめます

カルロ・クマちゃおしこ!
カルロ・クマです。

本日、糖質制限ダイエットの開始から87日が経過しました。

本来であれば、ぴったり90日という区切りで方針転換をしたかったのですが、ここ数日の記事でも書いている通り、これまでの糖質制限ダイエットについての疑問や不信感がぬぐいきれなくなり、ご飯を摂取し始めたのはご承知のとおり。

そうなんです。

これまでのような極端な糖質制限ダイエットはやめます。

そして、まず先に言っておきたいのは、決して『ひよったわけじゃない』ということ(笑)

炭水化物を取らずに乗り切ることは、まだまだ精神的にも余裕ですし、ちゃんと結果も出してますから、辛いからやめちゃうということでは決してありません(って何か言いわけしてるみたいだけど)

……なんですが、実際に約90日糖質制限ダイエットをやってみて、そこまでストイックにやることに意味を感じなくなってしまったし、何より思ったよりも効果が出ないことが、今回の方針転換の大きな理由です。



これまでの振り返り

わたしのやってきた糖質制限ダイエットは、米・麺・パンの炭水化物を全く取らないスタイルでした。

最初のダイエット宣言の記事では、『衣も調味料も特に気にしないから、ゆるい糖質制限です』なんてほざいておりましたが、世間一般では、このダイエットのことを、ただの『糖質制限』ではなく、『スーパー糖質制限』と言うらしいです(笑)

当の本人は、糖尿を患っているので、糖質カットするの最高じゃん! と、何の疑いもなく単純に炭水化物をバッサリ切ったわけですが、実は一食の糖質量が20g以下になる極端な糖質制限だったというわけです。

これまでに普通に食事を取ってきた方にとって、炭水化物を抜くというのは、ただの苦行以外のなにものでもないでしょうが、もう糖尿歴15年ほどになる私にとって、食事で炭水化物を抜くというのは、特に物珍しいことではないんですよね。

ま、炭水化物を抜くといっても『長期間の食事で』抜いたことは、人生初の体験でしたが……。

というわけで、冒頭にも書きましたが、私は、2017年2月16日以来(85日間)米・麺・パンを、文字通り『全く』口にしていませんでした。

主食の炭水化物を抜くと、自然に糖質は一食あたり20g以下になります。

一番、糖質を摂ったなーという時でも、ケンタッキーを3つ食べたとか、マックのチキンナゲットを10個食べたとかの『衣(ころも)由来』の糖質です。

それで、ダイエットにどれだけの効果があったのかというと、約90日間でマイナス5kg程度の減量をすることができました(これは日々の糖質制限日記で報告しているとおりฅʕ•ᴥ•ʔฅ)

本日の体重 94.8kg → 89.4kg(-5.4kg)

※ちなみに、後半で減量の記録が伸びたのは、禁酒のお陰かと……。

なぜスーパー糖質制限をやめるのか? その理由

別に体調が悪くなったとかではありませんが、わたしがスーパー糖質制限を止めようと思ったのは、次のような理由からです。

制限した割に痩せない

一番、真っ先にあげる理由はこれ。

本当に、ただの米粒ひとつも食べないという暮らしを90日した見返りが、たったのマイナス5kgはちょっとなーというのが正直な感想です。

いくら炭水化物を抜き慣れているとはいえ、それが90日も続けば、さすがにご飯だって食べたい日もあります。

美味しそうに炭水化物たっぷりの食事を取る、妻ちゃんを恨めしそうに見ていた日もありました……(笑)

んで、その結果がたったの5キロですかっていうね。

元々、標準体型に近い人のダイエットだったらわかるんですが、思いっきり太ってる自分が、たったの5キロしか痩せないのでは、ちょっと少なすぎるのではないかなと感じました。

わたしの目論見では10日ごとに1キロずつ痩せてくれればと思っていたんですけどね……。

糖質制限というよりも痩せてる要因は禁酒と運動っぽい

これを言ったら元も子もないのですが、『痩せたのは本当に糖質制限のお陰なのか?』という疑問が拭えないのです(笑)

正直、糖質制限でガツンと落ちたのは最初のスタートダッシュだけ(しかも『スーパー』なのに……)

あんまりにも減らないので、何か改善しなくてはと、やったのが次の二つの対策です。

・運動
・禁酒

もはや『糖質制限ダイエット』でブログ書いてたら怒られるレベルではないですか?(笑)

『節子、それ糖質制限ダイエットちゃう』です。

ま、それぞれそんな血のにじむような凄い努力というほどのものではありませんが、実際、糖質制限だけでは『あまりにも痩せないので』やったことです。

フリーランスで、基本的に自宅にこもって仕事していますので、その慢性的な運動不足を解消しようと、『運動』ではエアロバイクを導入しました。

毎日、エアロバイクを2時間程度漕いでいます。

また、これまでに20年以上『毎日』晩酌していましたが、この習慣をやめました(完全禁酒ではないです)

そうしたらどうなったのか……はこちらの記事にも書きました。タイトルだけで察してもらえる内容です。

とまあ、試行錯誤の結果、ようやくマイナス5kgというわけなんです。

誤解を恐れずに言うのであれば、糖質制限ダイエットでものすごく効果があるのは、これまでに滅茶苦茶炭水化物を取っていた人なんじゃないかなと思うわけです。

その炭水化物を取らなくなるという落差が激しければ激しいほど痩せるっていうことなんじゃないかと。

余談ですけど、糖尿になって『炭酸飲料など甘い清涼飲料水を控えることで血糖値が改善して凄く痩せた』なんて言ってる奴がいますが、元々そんなのも飲んでない自分からすれば『すげ~ずるいわ~』って話です。

炭酸飲料・ジュースを我慢するとか、どんだけ楽勝スタートなんだよ! って。

ちょっと取り乱しました。

つまりですね、炭水化物抜きでも同様のことが言えるんじゃないかなと思うんです。

元々の内容が酷すぎる人にとっては、普通にするだけでものすごい効果がある。

もちろん体質もあるとは思います。

血液の検査結果が思ったほど良くない

昨日の記事でも書きました。

1カ月ほど前の血液検査の結果が、糖質制限ダイエットをやっているとは思えないほど、良くなかったんですね。

HbA1cで7.3(正常値は6.2以下)

※HbA1cは、過去1カ月~2カ月の血糖の状態を確認することができる指標です。

炭水化物を取らないことで、体内で糖新生(炭水化物を取らなくてもグルコースを作り出す身体の機能)が起きているせいなのかどうかはわかりませんが、事実、血糖値が高いという結果が出てしまいました。

体重減のとこでも言いましたけど『こんなに頑張ってるのに、なぜ血糖値が下がってないの?』というショックですね。

で、これが次の理由に繋がります。

糖質制限ダイエットって実は糖尿に良くない?

糖質制限ダイエットについて賛否両論あるのは、もちろんはじめる前から知っています。

しかし、実際に自分の血糖が改善されていないところを見ると、本当に糖尿に良くないんじゃないかなと思い始めました。

また、気になって色々と調べてみると、長期に渡る糖質制限をすると、すい臓が復活しなくなるという気になる情報もありました。

それは困る(笑)

そういった最新の糖尿病に関する研究でなくても、糖質制限ダイエットの暗黒面って結構簡単に説明がつくんですよね。

炭水化物を取らない→身体は糖が必要→まず真っ先に筋肉を分解して糖を作る→筋肉が落ちる→代謝が落ちる→痩せない。

こんな感じです。

しかも、筋肉って血液中の糖を吸収する働きも担っているので『筋肉が減る』ということは『血糖値が下がりにくくなる』ということと同義なんですよね。

とまあ、糖質制限ダイエットに対しての疑心暗鬼な気持ちがふつふつと湧き上がってきたのです。

実際に、スーパー糖質制限ダイエットを始めて2カ月の報告でも書きましたが、体重は減っているものの、体脂肪自体は減っていないということがわかっています。

■スーパー糖質制限ダイエット2カ月時の数値
体重 94.8kg ⇒ 92.0kg
体脂肪率 33.3% ⇒ 33.4%

体組成計(脂肪・筋肉量が計れる体重計)で計っていないので、正確には分かりませんが、筋肉が落ちているという可能性は非常に高いと思います。

ダイエットに成功しても、糖尿が悪化するんじゃ、やる意味がありません。

いくら腹いっぱい食べられるとはいえ、肉ばっかり食べたくない。脂しんどい。飽きる。

糖質制限で好きなだけ食べていいと言われている肉。

でも正直、肉単体って飽きるんですよね。

これ、炭水化物を抜いてる同志の方だったら絶対分かってもらえると思う。

このダイエット始めてすぐの時は、『ケンタッキーうめー』とか無邪気に言ってましたけど、やっぱり肉は肉なんですよ。

いや、ケンタッキーはいまでも変わらず好きですけどね。

やはり食事は炭水化物がメインで鎮座しているものでないと、なかなか食として楽しみがね……ないんでよすね。



外食の際に選択肢が極端に少なくなる

ほんこれ。

自炊はいいんですけど、外食が本当に困る。しかも、家族がいるからなおさら困る。

妻ちゃんも『たまには回転ずし行きたい』とかいう寝言を言い出す始末です(実話)

じゃあ、自分も妻ちゃんも納得できる外食を!ってなると、お惣菜買うかフードコートでケンタッキー(妻ちゃんは他に好きなもの)しか選択肢がないんですよね。

あとは焼肉(息子がまだ1歳にもならないので行けません)とか、とんかつくらいでしょうか。

お惣菜っていっても唐揚げばっかりで、本当に発狂しそうになったこともありました……(遠い目)

エンゲル係数が上がる

まぁ、食物連鎖の頂点に立ったらそうなりますわな的な話。

いかに米とか小麦とか、安くてカロリーが高くて美味しいか、そして時の為政者にとって都合の良い食べ物か良くわかります。

真面目な話、みんなで肉だけ食べ始めたら地球死ぬから。

その前に、うちの家計が死ぬけど。

単純に飯(米)食いたい

つまるところそれかよ!本性を現したなデブ! とか言われそうだけど、ほんこれ(2回目)

ちなみに私が今回の糖質制限ダイエットで封印した食べ物はコレ。

・寿司
・おにぎり(明太子・しゃけ)
・明太子ごはん
・卵かけごはん
・チャーハン
・カレーライス
・かつ丼
・とんこつラーメン
・坦々麺
・スナック菓子
・ポテトチップス

もう素晴らしすぎるデブ御用達ラインナップ。

3日前に、85日ぶりに食べたご飯も『明太子ごはん』を皮切り(「かわぎり」だとおもってたら「かわきり」なんですね、変換できなくて気づいた)にしていることからもわかるとおり、このラインナップに対する怨念は凄いから(笑)

でも、もう封印解除さ♪ 花の子るんるん(古)

余談だけど、デブになる人って、量を食べるというよりは、太りやすい食べ物が好きで、太りやすい習慣を持っている人だといつも思うんですよね。

自分も、そんなに量は取らない方だと思うけど、太る食べ物と太る食べ方(飲んだ後の〆)が大好きなんですよね ฅʕ•ᴥ•ʔฅ あはは

ダイエット終了後の不安

つまるところ、最後はこれです。

すい臓が働かなくなるのも困るし、筋肉が落ちて基礎代謝も、糖代謝も落ちるのも困る。

それに糖質制限とはいえ、どうしても必然的に摂取カロリーも慢性的に少なくなってしまっているので、ダイエットが終了してすぐに、超速リバウンドされても困るし……。

っていうわけで、スーパー糖質制限でのダイエットは、自分の肉体的にも精神的にも90日を目前に、もう限界じゃないかなと思い始めたというわけです。

今後のダイエット方針

で、スーパー糖質制限ダイエットはやめますが、『スーパー』を外した、普通に『食べ過ぎない』ゆるい糖質制限をやっていこうと思っています。

食事

朝食食べるとか、少し前から言い出しましたが、これは決めずに『食べたきゃ食べる』にしたいと思います。

どうも食べたい日、食べたくない日があって、無理して食べるのもちょっと違うかなと。

なので、基本は昼・夜の1日2食で、朝は気が向けば食べるって感じにしたいと思います。

糖質量は1食で50g位、3食食べても150gを目途にしようと思います。

夜はご飯無しにしてもいいし。このあたりは血糖値を見ながら、後は自分の満足度を考えながら調整していきたいです。

また、これまで同様にカロリーは特に気にしませんし、糖質も神経質に計算したり記録したりしません。

この後にも触れますが、筋トレに力を入れたいので、蛋白質はしっかり取るようにしたいです(ちなみに、筋トレしている場合の蛋白質は体重x2g取るといいらしいです)

禁酒(毎日晩酌しない)は引き続き継続します。

その他の、細かなルールと考え方は、このダイエットの一番最初の宣言を踏襲したいと思います。

この糖質制限ダイエットの決意表明(最初の記事)

面白いもので、当初設定した細かなルールは、ほぼすべて現在は守れているんですよね。

・体重は毎日計測する → 〇
・体脂肪と内臓脂肪は日曜日に計測する → ×
・腹囲とウエストは大みそかまで計測しない → 〇
・運動は毎日何かしらする → 〇
・21時以降は食べない → 〇
・週に連続した3日を休肝日にする → 〇
・毎日ブログに記録をアップする → 〇

守ていないのは『体脂肪と内臓脂肪は日曜日に計測する』くらい。これも、そんな変化があるわけではないので、気が向いた時に時々計ったらいいかなと思います。



運動

現在、エアロバイク(有酸素運動)をやっていますが、先にも書いたように『筋肉は大事』ですので、基礎代謝を上げるためと、血糖値対策として筋トレを追加でやろうと思います。

やっぱりダイエットは運動もしなきゃ駄目だと思うんですよね。身体動かした方がどう考えても健康的だし。

糖質制限ダイエットで、よく根拠として言われる『人類はずっと炭水化物以外の食べ物を食べてきた。こんなに炭水化物を食べるようになったのは近代のこと』っていう大上段な説明には大事な言葉が抜け落ちてると思います。

人類史の中で、炭水化物以外を食べてきたのは事実かもしれないけど、身体を動かして食物を取る必要があったし、今よりももっと活動的で筋肉質だったはずだってこと。逆に言えば、野山を駆け回らずに肉を食らうことだって、人類史に反していると思うわけです(笑)

炭水化物を取ることだけを悪者にするのイクナイ。とか、急に手のひら返して言ってみたりする節操のない自分が好きです。

えっと、何の話でしたっけ?

そう、運動しますって話です。糖質は取り過ぎずに、糖尿がよくなるように筋トレしつつ、身体をしぼっていく。このようにしたいと思います。いわゆる正統派のダイエットですね。

まずは、『痩せるのファースト』なんで、ブログ記事としてこれが本当に『糖質制限ダイエット』なのかどうかということは、ひとまず脇にサササッと置いておきます(笑)

どんな筋トレをするのか

ジムに通って専用のトレーニングマシンを使って鍛える方が手っ取り早いらしいのですが、まずは自宅でできるところまでやりたいと思います。

ま、ジム行って、たるんだ身体を晒すのが恥ずかしいということです……。

今回、自宅で筋トレするにあたって色々と調べたのですが、自宅でのトレーニングで注意すべきポイントはこんな感じでした。

・まず大きな筋肉を鍛える(太もも・背中・肩)
・回数よりも負荷が大事
・毎日やらない(一日おき)
・正しいフォームでやる(故障注意)
・どの筋肉に効いているか意識してやる
・器具があると楽しい

これを踏まえて、筋トレメニューは、こんな感じにしようかと思っています。

・スクワット
・ローラーで腹筋(通称コロコロ)
・チューブで背筋
・腕立て伏せ(プッシュバーを買うかどうか……迷い中)

これらを1時間くらいかけてやったらいいかなと。

んで、この記事を書きながら、必要なアイテムを早速Amazonで発注です(以下、私が注文したもの)

▼コロコロ

▼チューブ

▼プッシュバー

▼蛋白質補給のためのダイエット用のプロテイン

血糖値(糖尿)対策

これまで通り、食前の難消化性デキストリンは摂るようにしたいと思います(血糖値の上昇をゆるやかにする)

また、先日、eBayで血糖値測定器を買いました(近日中に記事にしたいと思います)ので、食事と運動の関係などを血糖値を測定してみて確認していきたいと思っています。

ひとまず、定点観測のポイントとしては、起床時・食前・食後2時間を計測したいと思っています。

これからもゆるく糖質制限ダイエット頑張ります

というわけで『スーパー糖質制限ダイエット』は、ひとまず三ヶ月やったということで、ひとつの成果として終了します。

ここから先は、身体を作りながらダイエット頑張っていきたいと思います。

経過については、毎日記事を上げていきますので、また引き続き読んでいただけると嬉しいです。

ではでは、ちゃおしこ~!・・・じゃなかった。以下、いつもの『糖質制限ダイエット日記』です(笑)

5月14日(日)の糖質制限ダイエット日記

朝食

ゆで卵2個をなんとか食べた。



昼食

生マグロの漬け
昨日の残り

オン・ザ・ライス
150g(糖質55.2g)

とんかつ
この量を一人で食べたわけではないです(笑)

千切りキャベツ

ぶっかけ昆布



夕食

焼肉

卵とキャベツのサラダ

サンマの開き

柔らかレタス

茹で落花生



体重の推移

体重 94.8kg → 本日89.4kg(-5.4kg)
今日はダイエット開始から88日目です。

体重グラフ

てなわけで、ちゃおしこ!

★この記事が「いいなぁ」と思ったら、下のボタンからシェアお願いします!