早っ!電子書籍データ変換の一番簡単な方法 | 売れる電子書籍の作り方(後編)

はやっ!電子書籍データ変換の一番簡単な方法 | 売れる電子書籍の作り方(後編)

いよいよ電子書籍のデータを作ります

カルロ・クマちゃおしこ!
カルロ・クマですฅʕ•ᴥ•ʔฅ

この記事は、『売れる電子書籍の作り方』シリーズの3部作の<後編>です。

電子書籍を出す人が最初に読むべき記事(前編)
電子書籍はタイトルと表紙さえ良ければ売れる(中編)
早っ!電子書籍データ変換の一番簡単な方法(後編)←今ココ

ここまでで、電子書籍に必要な「原稿」と「表紙」ができました。

このステップでは、この二つをガッチャンコ!と、1冊の電子書籍のデータにします

この方法には、複数のやり方がありますが、あくまでも私が実際にやっている、電子書籍を出すための手順だけを単純に解説します。

したがって、技術的な細かい説明はしませんので、興味がある方は別途調べてくださいね(ファイル形式がどーのこーのとか)

テキスト+表紙画像=EPUBデータ

電子書籍の出版には、まずEPUB形式のデータを準備する必要があります

EPUBデータの作成には、でんでんコンバーターというツールサイトを利用します。

でんでんコンバーターで、原稿と表紙画像を融合させ、EPUBデータを取得します。

でんでんコンバーターは、電子書籍発行には欠かせないツールです。簡単で安定しているうえに、エラーが少ない高品質なEPUBデータに無料で変換することができます。素晴らしい開発者様に感謝。

EPUBの取得方法は、ほかにもあるんですが、一番簡単で間違いがないのが、でんでんコンバーターによるEPUB変換だと思います。

テキストの下準備

まず、原稿の本文はテキストファイルとして保存します。

その際に、「でんでんマークダウン」という表記方法で、文章中の装飾などを指定する必要があります。

とはいえ、実際に使うのは「字下げ(スペースでいい)」「見出し」「改ページ」「行開け」「引用」などの決まったものだけでいいと思いますので、簡単です。

見出しで設定した部分は、変換する際に自動的に「目次」にしてくれます。従って、目次はあらためて準備する必要がありません。

「でんでんマークダウン」の記述方法については、公式サイトのベルプを参照してください。

いよいよ電子書籍データに変換する

でんでんコンバーター

次に、いよいよ「でんでんコンバーター」を使って電子書籍のEPUBデーターを作ります。

アップロードしてね

原稿のテキストと表紙の画像データを選択します。

この際、表紙の画像データはPNG、JPEG、GIFのいずれの形式も使えますが、ファイル名は必ずcover+拡張子(例:cover.png)としてください。でないと、表紙画像として認識されません

私は、初めてやった時に、この説明を見落としてしまい、何度も無意味な変換を繰り返して時間を無駄にしてしまったので、あなたには同じ轍を踏まないでいただきたいです(え、そんな間抜けはカルロだけ?)

名前を入れてね

タイトルと著者名を入れます

著者名はもちろん本名ではなく、筆名で構いません。

縦書きか横書きか
「ページ送り方向」は、縦書きか横書きを選ぶ項目になります。

左から右 横書き
右から左 縦書き

縦書き、横書きで、ページのめくりの向きが変わります。

私は電子書籍を出すなら断然『縦書きを推奨』します。

縦書きを推奨する理由

私がこれまでに出した作品は、すべて縦書きです。よほどの表現上の合理的理由がない限り、今後も縦書きで出す予定です。

それは次の5つの理由からです。

1.電子書籍の意味がない

せっかくの電子書籍のフォーマットなのに、横書きでは、ブログとか、メルマガとか、情報商材なんかのPDFと変わりありません。

つまり、情報発信という点で考えれば、そもそも電子書籍のフォーマットである必要性がなくなってしまうのです。

2.日本語は縦書きが読みやすい

日本語、特にまとまった文章は、縦書きで読んだ方が読みやすいです。

3.ちゃんとしてる感がある

横書きの電子書籍を読んだことがある方なら、分かって頂けると思いますが、横書きの電子書籍って素人感丸出しで安っぽくありませんか?

一方で縦書きは、きちんとしている印象を受けます。というか実際にきちんとしていることが多いです。縦書きの方が、横書きよりも若干ハードルが高いという理由もあるかと思います。

普段、KDP作家の作品を結構読みますが、横書きの電子書籍の方が、誤字脱字が明らかに多いです。これは姿勢の問題ではないかと私は思っています安易にそのまま横書きで出そうという人は、誤字脱字のチェックもいい加減だということです。

また、横書きの本の方が中身がなかったり、質が悪かったりすることが圧倒的に多いのも、決して偶然ではないと思います。

4.文章に厚みとか重みが出る

同じ文章でも、縦書きと横書きでは、全然印象が違います。

実際に、ご自身で書いた原稿を、縦書きと横書きの両方に変換して、試しに読み比べてみてみればよくわかると思います。

これはあくまでも私の自説ですが、普段、画面を見て読む文字が、横書きばかりであるため、縦書きの文章に価値があると脳が反応しているのではないかと思っています。

普段、画面に映し出される文字はすべて横書きです。ブログも、メルマガも、ホームページも、2ちゃんねるも、ツイッターも、フェイスブックも全部横書きです。仕事から趣味、娯楽、雑多なものから何から何まで、日常には横書きの文字が溢れてているので、あまり価値を感じないのではないかと思います。

電子書籍というくくりであっても、同じディスプレイに映る文字列でしかありませんからね。

嘘だと思うかもしれませんが、本当にこれは自分の目で確認して頂きたいです。縦書きの方が「良い」と感じるはずです。

5.日本人だから縦書きにしようよ

日本語ならではの特色が縦書きです。カルロ個人としては、縦書きにこだわらない姿勢は、物を書く人間としてどうなのかなと思います。

電子書籍のフォーマットが日本だけ別路線で遅れがちだったのも、日本語の独自性が故です。せっかく日本語として表現できる、縦書きが使えるのですから使いましょうよ。

縦書きカッコいいじゃないですか。

いざ、変換!

縦書きか横書きかを選んだら(ここまで読んだ方は「縦書き」を選んだはず……ですよね!)後の項目はデフォルトのチェックのままでOKです。

いよいよ変換ですฅʕ•ᴥ•ʔฅ

変換ボタン

最後に、変換ボタンの上にある「作成したEPUBをプレビューする」にチェックを入れて、変換ボタンをポチっとな

変換が終わると、EPUBファイルのダウンロードが始まります。

また、それと同時にプレビュー画面も表示されますので、次のポイントを確認します。

・レイアウトの崩れはないか
・文字化けやエラーはないか
・目次はきちんと抽出されているか
・リンクはちゃんと飛べるか
・英数の向きは適切か

そして、縦書きにしたら、最後にもう一度、誤字脱字のチェックをします(意外に縦書きにすると見つかる誤字脱字があります)

これでOKならば、いよいよ次はamazon KDPへの登録です。

KDPへの本のアップロードと登録作業

ようやく最後のステップです。

amazonのKDP(Kindle Direct Publishig)に書籍データと情報を登録します。

入力項目すべての説明はしません。要点だけお伝えします。

Kindle Direct Publishig
https://kdp.amazon.co.jp/

新しい本を作成
KDPへの電子書籍の登録は、KDPログイン後の「本棚」⇒「新しい本を作成」から行います。

KDPへの電子書籍の登録は3段階に分かれています。

【1】Kindle 本の詳細
【2】Kindle 本のコンテンツ
【3】Kindle 本の価格設定

【1】Kindle 本の詳細

本に関する基本データを入力する項目です。指示に従って入力していってください。

ローマ字で入力する項目について

ローマ字で入力する項目は、英語サイトでの表記になります。

よくこれをローマ字読みにしたものを入力している人がいますが、間違いです。これをローマ字読みにして入力すると、ダサいタイトルを海外のamazonサイトで晒すことになります。

ここには、元タイトルを翻訳して入力するようにしましょう。翻訳はgoogle翻訳などを使えば簡単に出来ます。

内容紹介

内容紹介は、「表紙」と「タイトル」で、興味を持った人が、次に読んで購読するかどうかを決める重要な項目です。

本の内容を簡潔に、興味を持ってもらえるように書きます。ダラダラと冗長なのもいけませんし、あっさりしすぎてもいけません。

自分が読者だったらどんな説明が刺さるだろうか? そう考えて、紹介文を考えてみてください。

出版に関して必要な権利

あなたが書いた原稿ですから、「私は著作権者であり、出版に関して必要な権利を保有しています。」を選べばOKです。

キーワード

amazonを訪れた読者が、あなたの本と出会うためのキーワードです。

タイトル・サブタイトルのほかに、ここで入力するキーワードに入っている単語で、amazonの書籍検索にヒットするかどうかが決まります。検索にヒットしないのは、その本が存在していないのと同じです。

安易に適当な単語を入れずに、きちんと考えて抜いて、キーワードを入力してください。

ひとつ裏技的なヒントとしては……

今後、審査が厳しくなるかもしれませんが、実は人気作のコバンザメのようなキーワードも登録出来ます。これは、ここを読んだあなただけの秘密にしておいてください(笑)

カテゴリー

文字通りカテゴリーを選ぶのですが、実際のamazonのカテゴリーとの整合性がありませんので、近いものを取り合えず選んで申告してください。

カテゴリーは実際に出版された後で、適切なものへ変更が可能です。

カテゴリーの変更についてのエントリーはこちら。

ここまで入力出来たら「本の発売準備が出来ました」にチェックを入れて「保存して続行」ボタンを押します

【2】Kindle 本のコンテンツ

次に、書籍のデータのアップロードと設定の項目に進みます。

原稿

用意した縦書き・横書きに合わせてアップロードします。

デジタル著作権管理 (DRM)は「はい」を選びます(複製コピーされてOKなものであれば「いいえ」)

Kindle 本のプレビュー

先ほどアップロードしたEPUBファイルは、amazonの電子書籍形式のmobiファイルに変換されます。

変換後のmobiファイルに異常がないか、最終的なチェックを行います。

オンラインプレビューアーを使って、確認するのが一番簡単ですが、描画が遅いのが難点です。

従って、PCかキンドル端末(android、iPhone含む)で、プレビューするのがおすすめです。こちらの方が早くて楽です。

PCでチェックする場合は、専用のプレビューアーソフトをインストールします(win or mac)

また、普段使っているキンドル端末や、android、iPhoneで確認する場合はKindleパーソナル・ドキュメントサービスを利用します。

キンドル端末・android・iPhoneでmobiファイルを確認する方法

やり方は、簡単です。

【対応端末】
Fireタブレット
Kindle端末
Kindle for iPhone、iPad、iPod touch
Kindle for Android

いずれかであれば、端末個別のメールアドレス(Send-to-Kindle Eメールアドレスといいます)にmobiファイルを添付して送るだけで、自分のいつも使っているキンドル(アプリ)上で確認できるようになります。

端末個別のメールアドレスは、コンテンツと端末の管理から確認出来ます。

端末タブを開く⇒個別の端末の左側にある三点リーダー(…)ボタンをクリック。

すると次のように、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認できます。「Send-to-Kindle Eメールアドレス」は *******@kindle.com といったアドレスになっています

コンテンツと端末の管理

あとはプレビューアーのところで、mobiファイルをダウンロードして、この「Send-to-Kindle Eメールアドレス」に添付して送信すればよいのです。

これで普段、使っているキンドル上で、自分の書籍がどのように表示されるのかをチェックすることができます。

Kindle 電子書籍 ISBN

紙の本を出版しているのでなければ入力不要です。

電子書籍の表示がキンドル上で、きちんと確認できたら「保存して続行」を押して次に進みます。

【3】Kindle 本の価格設定

いよいよラストです。本の価格などの販売条件を入力します。

KDP セレクトへの登録

amazonのkindleだけで、独占的に販売するかどうかの確認項目です。

KDP セレクトへの登録して、独占販売にした場合の特典として、代表的なものは、Kindle Unlimited(KU)やKindle オーナーライブラリー(KOL)で、読まれたページ数に基づいて分配金を受け取れることにあります。

また、本の価格を250円以上で設定する場合はロイヤリティを70%で受け取れます(99~249円は35%。KDPセレクトでない場合は一律35%)。

また、キャンペーンとして契約期間中(3カ月)に合計5日間の無料キャンペーンを打つことができるようになります。

初めての電子書籍であれば、KDP セレクトへに登録して、どんなものなのかを知ってみてみるのがおすすめです。Kindle Unlimited(KU)が始まってから正直、単品で本を売ることは難しくなりましたので、読まれたページの分、分配金をもらうというのもひとつの考え方です。

ちなみにわたしのKDPに対する現在のスタンスはこちらのエントリーで書きました。

なお、KDP セレクトの登録期間は3カ月単位での自動更新となります。解除する場合は、改めてKDPのチェック項目を外す必要があります。

ロイヤリティと価格設定

ロイヤリティ プランを選択して、価格を決めます。

上記のKDPセレクトを選ばない場合のロイヤリティは一律35%となります。KDPセレクト加入であれば70%のロイヤリティを選べますが、価格は250円以上にする必要があります(249円以下でも販売できますがロイヤリティは35%)

価格は、amazon.co.jpを選択して日本円で記入すればOKです。

最後に規約に同意したら完了!

あとの項目は、初めて出版する方には関係のない項目ですので、そのままでOKです。

最後に、Kindle ダイレクト・パブリッシング利用規約に同意する形で「Kindle本を出版」ボタンを押したら完了です。

amazonに提出した後は

ここまでの手順を終えると、あなたの提出した電子書籍がamazonで審査されます

審査にかかる時間は24~48時間とされていますが、ジャンルによって時間が大幅に異なるようです。

ちなみに私の出した禁煙本は、他の本比べると審査に時間がかかりました(その後の更新でも必ず審査が遅い)。米国の企業なので、ドラッグ・アルコール・タバコの類は審査に時間がかかるのかもしれません。

それ以外の本はすべて審査は早かったです。直近の感じでは、審査通過まで大体12時間位です。

審査に通過すると、あなたの電子書籍にASINという商品を識別する番号が割り振られ、著書の販売ページが用意されます

その後、amazonから「Kindle ストアで販売が開始されました」というタイトルでメールが届いたら、晴れて販売スタートです。

お疲れさまでしたฅʕ•ᴥ•ʔฅ

あとは印税が入ってくるのを待つだけ?

無事、販売が開始されたら、ブログやSNSなど、自分のできる限りの宣伝をしましょう

どれくらい売れるかは神のみぞ知るです。

どれぐらい読まれるのか、売れるのか、ステータス画面を見て、一喜一憂してください(笑)

沢山売れるといいね

あとがき。

本を出すかどうかを決める段階から、実際に電子書籍として形になって販売が開始されるまで一気に解説してきました。

まだまだ、書き足らない部分もあるので、後日加筆修正するかもしれません。

この記事が、あなたの電子書籍出版の参考になりましたら幸いです。

では、ちゃおしこっ!

★この記事が「いいなぁ」と思ったら、下のボタンからシェアお願いします!