KDPで出した本のカテゴリーがおかしい時は自分で修正を依頼できます

KDPで出した本のカテゴリーがおかしい時は自分で修正を依頼できます

KDPで出した本のカテゴリーがおかしい

KDPで本を出版する際に選択するカテゴリー。

KDP カテゴリー

しかし、選んだカテゴリーはあくまでも参考程度みたいな位置づけで、実際には別のカテゴリーをamazonさんが選んで割り当ててくれます。

そもそも最初に選ぶカテゴリーが日本amazonのカテゴリーと整合性が取れていないから起こるんですよね(じゃあ最初からカテゴリーなんか選ばせんなYO

んで、そのカテゴリーも、ナイスな所へ一発で放り込んでくれるならいいんですが、ちょっとそれどうなのよ?と突っ込みたくなるカテゴライズをされることが、ままあります。

例えば、わたしが直近で出版した『一流の習慣』はこんな感じのカテゴリーにぶっこまれました。

KDPカテゴリー

ちょ!超心理学・心霊って……(笑)

どうしてこうなったฅʕ•ᴥ•ʔฅ

さすがに、これは……。と思ったので、早速、amazonさんにカテゴリー変更依頼を出しました。

依頼の仕方は簡単です。

KDPの管理画面のフッタにある「お問合せ」から、「本の詳細」「カテゴリーとキーワード」と進んで、必要事項を記入して送信するだけです。

カテゴリーの変更依頼

後は、amazonさんからの連絡を待ちます。最近の傾向だと、おおむね48時間以内には対応してくれる感じです(サイトへの反映には若干のタイムラグあり)amazonさん仕事早い!

変なカテゴリーに放り込まれたら、遠慮せずにカテゴリー変更の申請をしてみましょう。

やはり適切なカテゴリーじゃないと、ターゲットになる読者さんに見つけてもらいにくくなりますからね。

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。