[06]お店を攻略する8つのテクニック(クレーンゲーム攻略法)

[06]お店を攻略する8つのテクニック(クレーンゲーム攻略法)

[06]お店を攻略する8つのテクニック(クレーンゲーム攻略法)

クレーンゲーム攻略は、まずお店から

さて、次は「取れる店」を見つけた後の、実際のお店の攻略テクニック(立ち回り方)です。クレーンゲームがうまい人はどんなポイントをでお店を攻略しているんでしょうか?

お店を攻略するテクニックは次の8つです。

店員を利用する

いきなり黒いネーミングなテクニックですが、結構、王道です。実際に既にやっている人も多いですよね。

これはどんなどんなテクニックかというと、店員さんにとにかくアピールするということです。

例えば、

・取り方教えてくださ~い

・この位置からどうやったら取れるんですか(ほんとに取れんの?)

・色違い(違う種類)が欲しいので、位置を変えてほしい

・クレーンゲームめっちゃへたくそなんですよー(とかいう嘘)

・産まれて初めてのクレーンゲームデビューなんです(とかいう絶対的な嘘)

などと店員さんを攻略します。まぁ、あくまでもコミュニケーションです(笑)

あとは店員さん次第ですが、結構取りやすい場所にすんなり景品を置いてくれる優しい店員さんもいれば、ある程度投資してる様子を察知してから、取りやすいように配慮してくれたりと、何かと便宜を図ってくれることが多いです。

店側も客にプレイ方法を指南するようにマニュアル化している場合も多いですから、無下にされることはほとんどないはずです。

親切な店員さんを利用しましょう!……じゃなくて……助けてもらいましょう! ただ、店員さんも人の子ですから、あからさまにやると気付かれますので、上手にやりましょう。勘付かれると半径何十メートル以内から店員さんが(面倒くさいあなたに話しかけられないようにするために)消えます。

ちなみにこの方法は、女性客が男性店員にすると効果抜群とか、抜群じゃないとか……。その逆も言えますかね。あとはコワモテの人とかも結構効果あるんじゃないでしょうか(脅迫は絶対だめですよ!)

店員さんも所詮は人間ということですね。



マシンに貼ってあるポップに注目する

マシンにはいろんなポップが貼ってありますよね。景品の取り方や、新入荷の案内とか、景品の紹介とか。そんなポップの中でクレーンゲームを攻略するにあたってヒントになるポップがあります。それは、次のようなものです。

・激とれ台
・激甘設定
・サービス台

こんな文句が貼ってあったら、もしかしたら狙ってよい台かもしれません。これはあくまでも「取れる店」の場合です。常に貼ってあるとか、店内のマシンの大部分に貼ってあるとかはダメな店ですからね(笑)

お店側としては、景品は順次新しいものに入れ替えていく必要があります。

・すでに充分回収した景品
・予想以上に出なかった(取られなかった)景品
・流行のピークを過ぎた景品
・季節が限定されるような景品のシーズン終わり
・お菓子など食品の場合で、賞味期限が迫っている

などは、積極的に吐き出して、次の新しい景品に入れ替える必要があるわけですね。

いずれにしても、人気が無くなったり、不人気であまり遊んでもらえないような景品では収益も上げづらくなります。店の限られたスペースで効率よく稼ぐには、人気のある景品でどんどん遊んでもらう方がお店としてもありがたいので、上記のような景品は、取りやすい設定でお客さんにサービスするというわけです。

つまり良いお店で、台に「激甘」とか「サービス台」とかいうポップの貼ってあるマシンは狙い目です。

マシンには回収台とサービス台が存在することを知る

サービスする台があれば当然、お客さんからお金を回収する(むしり取る)台もあります。

例えば景品を新たに入れた場合、店にもよりますが、大体次のような流れで扱いを変化させていきます。

(1)入荷してすぐの新しい景品。お客さんの注目度も高く、欲しい人も多いので、取りにくいか、ほぼ取れない設定で、お店で一番目立つ場所に設置して、とにかく回収!

(2)徐々に人気が落ちるか、次の景品入れ替えの都合で、そこそこ取れる設定にして、少しずつお客さんに還元する段階。

(3)十分に回収した景品は、サービス台としてとにかく在庫の吐き出しだけを目指す。

こんな感じです。

新入荷の景品だとついついプレイしてみたくなりますが、常にこのことを頭の片隅においておくと、新入荷アイテムへの無謀な投資は控えるようになるはずです。

取りやすい景品は「入荷してからある程度時間のたった時」ということを覚えておきましょう。

ただ、こればかりはお店の方針によってだいぶ変わりますので、優良店では入荷当初から、ある程度の確率で景品を取られるように計算している場合もあります。また、逆に酷い店の場合は……言うまでもありませんね……。

また、店のわかりやすい場所に設置されているマシンは、お店として(回収に!)力を入れてる台、または客寄せの台ですから、言わずもがな回収台の確率が上がります。やや目立たない場所に設置されているのが逆に狙い目という考え方になります。

さらに、店によっては半端な景品を寄せ集めたような台がありますが、このようなタイプもサービス台の可能性が非常に高いです。

新入荷の回収台かどうかの見きわめ方は、いつも通っているお店ならすぐにわかりますが、そうでない場合は「マシンの中にどれだけ景品が入っているか」で判断します。マシンの中に沢山の補充用の景品があれば、新入荷とみて間違いないということですね。



新人店員を狙う

新人店員を狙うといっても、店員さんを直接狙うわけではなく「新人店員がセットした台」を狙います。

マシンには通常、初期設定位置があります。景品を補充する際にセットするスタート位置なんですが、新人店員がこのセットをすると思わぬラッキーセッティングをしてしまうことがあるんですね。

これをハゲタカのように容赦なく狙います!

私が実際に一番おいしい思いをした事例では、百円で「じゃがりこ」を十八個(三つ入を六袋)を一撃で取ったということがあります。新人店員さんがセットしたのが「雪崩で取って下さい!」と言わんばかりの山盛り配置&クレーン強&激降下設定だったんですよね。

クレーンゲームでじゃがりこ大量ゲット

※この写真の時ではないです。

このような新人店員ならではのミス以外にも、新人であるが故に「どの程度お客さんにサービスしてよいかわからない」ので、結構優しく(しすぎ!?)してくれることも多いです。すぐに取りやすい設定で置いてくれたり、何度も簡単に取れるように補充してくれたり…………。

新人店員さんは、こちらからするとほんとに天使のような存在です。すれないうちに色々とおいしい思いをさせてもらいましょう。

新人店員かどうかは、いつも通っているお店でないとなかなかわかりにくいですが、ネームプレートに研修とか初心者マークが貼られていたり、先輩店員から教えられている様子をチェックすると見つけられるかもしれません。後は、誰しもそうですが、初めてのバイト先では若干落ち着きがないものですから、その辺りも判別の材料になりそうですね。

新入荷の景品を狙う

おいおい新入荷は回収台なんだろ?

そんな声が聞こえてきそうですが、そうなんです。新入荷は狙い目ではありません。しかし、実は新入荷でも、入った「その日」は狙い目であることが多いんです。いわば「超」新入荷の状態ですね。

新景品投入の直後は、店員さんもセッティングに不慣れなこともあり、思いがけないほど簡単に取れてしまうことがよくあります。いわば店員さんもまだまだ研究不足な段階を狙うわけです。いくらベテラン店員であっても新入荷の景品には実は弱いんです。

これが一日経つと、店員も死ぬほどテストプレイして、ちょっとやそっとじゃ簡単に取れないセッティングに調整してきますので、その前というのがポイントです。

ただこればかりは、そのタイミングでお店に行けるかどうか、運でしかないんですけどね……。

無料サービスを狙う

映画館のあるショッピングモールなどのゲーセンでは、映画の半券でクレーンゲームが一回無料になるサービスをやっている場合があります。また、店頭で不定期にクレーンゲームの無料券を配布している店があります。

無料サービスであっても、百円を投じてプレイするのと何ら変わりませんから、進んでサービスを享受しましょう。これで首尾よく景品がゲットできたらラッキーですよね。

また、ここで逆に注目して欲しいのが無料サービスの対象「外」の台。これは裏を返せばお店としては「タダではやって欲しくない台」なわけです。つまり一発で取れてしまう可能性のある台である可能性が上がるわけです。さらに言えば、逆に無料でサービスしている台は「一回やった位では取れない台」だからこそサービスしているわけですね。

ですから、無料でプレイできる権利がある場合に狙うのは、誰かが辞めた台をハイエナする(もしかしたら一回で取れるかも)か、何手かやれば取れる台の一回目として戦略的使うかになります。ただ、良心的な店では一発で取れるようなゲーム性のマシンでもプレイできる場合も……。



曜日や季節を狙う

平日にも遊びに行ける人は是非チェックして頂きたいのですが、平日だけサービス設定を行っているお店があります。例えば、アームの強さとか、リングの取り付け角度とか、初期位置とか……色々ですが、取り易い設定になっていることがあります。ある意味、休日の書き入れ時ではない時に、実験しているという側面もあるようです。

また、休日は一回二百円の台が、平日は百円になるなど、平日と休日でプレイ料金が違う場合があります。これも見逃せないポイントです。倍と半額では大きな違いですよね。休日に三千円かけて取った景品が、平日なら千五百円で取れるということですから馬鹿になりません。

季節によっても「取りやすい」時期があります。年末年始・GWなど人出が多くなる時期は、それなりに売上も上がりますので相対的にサービス設定にすることが多いようです。

同じお店を定期的に覗く

ここまでに上げた項目全てに関わることですが、お店の攻略で一番重要なのは、お店と店員の観察であることがおわかり頂けたと思います。そのためには同じお店を定点観測してみるというのもクレーンゲーム攻略では大切なことです。

例えば、先にあげた新人店員はネームプレートに表示がないかぎり、いつも通っていないと気が付くのが難しいですし、景品の回転の良さもしかりですよね。

<次の記事に続きます>

※この記事は、私の出版しているキンドル本『クレーンゲームの教科書<完全版>: クレーンゲーム攻略法』をブログ記事用に再編集して掲載しているものです。

サクっと最後まで読みたい方は、電子書籍をお求めくださると幸せになれるかもです^^

値段だけでも見てみる↓