1歳の幼児が好きな5つのおすすめテレビ番組

1歳の幼児が好きな5つのおすすめテレビ番組

1歳の子供が好んで見るテレビ番組は?

※この記事は『糖質制限ダイエットあと154日』の記事から分割移動したものです(元記事の場所

カルロ・クマちゃおしこ!
カルロ・クマです。

ベビイ氏が無事に1歳になりまして、『乳児(赤ちゃん)』を卒業し『幼児』となりました(母子健康法による)

ベビイ氏も『今日からは、赤ちゃんと呼ばせねぇぜ!』と張り切っているように見えますので、私も呼び名をベビイ氏から『息子氏』に変えたいと思います。

そんな息子氏が保育園に8月から通います。まずは短時間通園する、慣らし保育からスタート。

保育園に行ってしまうのは、正直なところ、寂しいですが、これは親にとっても試練ですね……。また、心を入れ替えてパパも頑張っていきたい。

さて、そんな1歳になるベビイ氏に、我が家ではどんなテレビを見せているのかを、今日の記事では書きたいと思います。

わたしも自分がパパになるまでは、子供番組にこんな世界が広がっていたとは全く知りませんでした。

子供向けの番組とはいえ、自分が子供だったころを思い出す懐かしさや、子供向け特有の発想の微笑ましさなどもあって、大人でもついつい見入ってしまいます。

元々、あまりテレビを見ない(ガヤガヤうるさいのが嫌い)ので、最近ではテレビが点いている時は、だいたい子供向けのものが流れている感じです。

さて、息子氏(満1歳)が、最近気に入って見ているテレビ番組を、さっそくご紹介したいと思います。



アンパンマン(日テレ)

ご存じ、子供向けアニメの大ヒット作品『アンパンマン』です。

悪さをしたバイキンマンをアンパンマンが懲らしめるという、勧善懲悪のスタイルだけど、バイキンマン自体そんなに凶悪ではないのが微笑ましい。

『うぬぬ、覚えてろ~アンパンマン』なんていいながら、星の彼方へと飛んでいっちゃうというのがいつものオチです。

アンパンマンと言えば、作者の『やなせたかし』さんが、還暦を過ぎてからブレイクさせたことの方が、私にとっては印象深いエピソードだったりします。

さらに、『食べ物繋がりで、いくらでもキャラクターを作り出せるというフォーマット』は、作り手として、やなせさんは『なかなかうまいことやったなー』って思います。ほんと、キャラクターの数がスゴイ。

そして、アンパンマンのキャラクターおもちゃのラインナップもさらにスゴイのです(笑)

トイザらスにいくと、アンパンマンだけで一コーナーあるとか、子供ができるまで全然知りませんでした。とにかく凄い種類のグッズで、なんでもござれです。

ウチも、まんまと『アンパンマン商法(笑)』に乗せられて、色んなアイテムを買いましたよ^^

お風呂で大活躍してる子供用シャワーとか ↓

落ちてくる鈴が見ていて楽しいコレとか↓(昔からあるよくある奴)

ベビーカーで飽きちゃったりした時に大活躍のコレとか ↓

この他に、アンパンマン関連のガチャガチャ(←昭和の言い方ねw)でも、結構お金を落としています(笑)

色々やりましたけど、『エアーフレンズ』という空気を入れて遊ぶビニール玩具は、値段の割りに内容が良かったです(1回200円)

お風呂とビニールプールで遊べるこういうの↓

アンパンマンエアーフレンズ

引用:それいけ!アンパンマン|ガシャポンワールド

おかあさんといっしょ(Eテレ)

NHKの教育テレビ(今はEテレ)は、自分も子供の頃によく見ていました。

『おかあさんといっしょ』と、当時フジテレビでやっていた『ポンキッキ』がちょうど時間つながりで、チャンネル変えて連続して見ていたような記憶があります(分かる方はたぶん同年代)

子供ができてから久しぶりに『おかあさんといっしょ』を見ましたが、基本的な構成は昔と一緒ですね。

私の知っている、じゃじゃ丸・ピッコロ・ポロリというキャラクターは、チョロミー・ムームー・ガラピコという現代版になっていますが、全体的な雰囲気はよく似ています。

歌ありダンスありで、大人が見ても癒されます。

そして、歌の『あつこおねえさん(←めちゃくちゃ可愛い)』にパパも癒されます……(笑)

いないいないばあっ!(Eテレ)

教育テレビ(Eテレ)の子供向け番組は『おかあさんといっしょ』だけだと思っていましたが、さらに低年齢の子供向けがこちらの『いないいないばあっ!』です。

2段階でしっかり、番組の住み分けがされていたんですね。これも自分が子供を持ってから初めて知りました。

『おかあさんといっしょ』……2~4歳児が対象
『いないいないばあっ!』0~2歳児

だそうです。

やはり、歌は年齢関係なしで楽しいらしく、ウチの息子氏はどちらの番組もしっかり見ています。

こちらで登場するのが、『ワンワン』と『ウータン』というキャラクター。

この番組のキャラクターグッズは、たぶん買っていないと思いますが、UFOキャッチャーでは、結構沢山のぬいぐるみを取りました。

その様子がわかる記事 ↓

あれ、この記事の後にもさらに取ってるな……(汗)

この番組には『ゆきちゃん』という進行役の女の子も出ているのですが、ちょっと前の録画を見返すと、短期間でも随分と雰囲気が変わっていて『大きくなったな~』なんて親戚のオジサン気分も味わえます(笑)

子供の成長って本当に早い。ウチの息子氏も、あっという間に大きくなってしまうんでしょうね。

ピタゴラスイッチ(Eテレ)

大人も楽しいピタゴラスイッチです。

よくもまぁ、あんな風にして仕掛けが考えられるなーって感心してしまいます。

ピタゴラスイッチ~♪ という文字列を見るだけで、例のメロディーが出てくる中毒性の高い危険なテレビ番組。



チュバチュバワンダーランド(チバテレ)

これは多分、県外の人は誰も知らないと思うローカル番組。

一応、ヒーローものっぽい雰囲気ではあるんだけど、基本的にヒーロー(キャプテンC)と悪役(ダスターD)は大の仲良し(笑)

『おねえさん』と3人で色んな場所にでかけて行ったり、工作したり、寸劇やったりの全体的にゆるい番組内容です。

時々、ダスターDが道徳的にやっちゃいけないことをすると、キャプテンCが懲らしめるくだりが、馬鹿馬鹿しくて笑ってしまいます。

ちなみに息子氏は、まだストーリー的なことは理解できないので、歌を中心に喜んで見ているのですが、ローカル番組とはいえ、歌が結構しっかりしていてびっくりなんです。

興味がある方は、Youtubeでチェックしてみてください。

追記:知らぬ間に『チュバチュバワンダーランド』のYoutube公式チャンネルができていました ↓

チュバチュバワンダーランドは、県下の商業施設などでイベントを定期的にやっていて、これがまた子供たちをひきつけてやみません。

チュバチュバワンダーランドのイベント

イベント行ってみた (゚∀゚)!!

そして、イベントに行くともっと愛着が湧くのが、この番組の特徴です^^

余談:最近、おねえさんが変わったのですが『ブルゾンちえみ』っぽいテイストでなんかクセになるタイプなんですよ(笑)

1歳の幼児が見ているテレビ番組まとめ

うちの息子氏が1歳の段階で、喜んで見ているテレビ番組は次の5つでした。

  1. アンパンマン(日テレ)
  2. おかあさんといっしょ(Eテレ)
  3. いないいないばあっ!(Eテレ)
  4. ピタゴラスイッチ(Eテレ)
  5. チュバチュバワンダーランド(チバテレ)

これから先、成長していくにつれ、どんな番組を好んで見ていくんでしょうか。それぞれの年齢ごとに、見ている番組を記録していくのも面白いかもしれませんね。

★この記事が「いいなぁ」と思ったら、下のボタンからシェアお願いします!