ブログが続かない・三日坊主になる3つの理由

ブログが続かない・三日坊主になる3つの理由

ブログが続かないのは怠け者だからじゃないよ

カルロ・クマ
ちゃおしこ!
カルロ・クマです。

あなたがブログの更新が続けられないのは、決して怠け心が原因ではありません。

私がこのブログを毎日更新し始めて、そろそろ2カ月が経とうとしています。

私も以前はブログ更新をすぐにサボり、放置を繰り返すという典型的な三日坊主ブロガーでした。

でも、今では当たり前のように、毎日ブログの記事を更新し続けています(情報商材のセールスレターみたいな出だし(笑))

以前の私と、今の私との違いは何かというと『ブログが続かない理由が分かった』ということに尽きます。

ブログが続かないのを、ただの精神論・根性論にしていては、いつまで経っても、ブログの更新はできないままです。

今日はブログが『何故』毎日書けないのかについての話を書きたいと思います。

ブログが続かない3つの理由

ブログを毎日更新できずに、三日坊主にしてしまう本当の理由は、次の3つです。

・時間がない
・インセンティブがない
・ネタがない

ブログの更新が続かないのは、怠けものだからとか、集中力がないからとかではないのです。

それでは、ひとつづつその理由について、みていきましょう。

時間がない

ブログが続かない理由として、一つ目に『時間がない』からという理由をあげる人も多いと思います。

時間が無くて書けないなんて当たり前のことじゃん!

そう思ったあなたは、実は表面的なことしか見えていません。

実のところ、ブログが書けないのは、単純に時間が無いからではないからです。

ブログが書けない理由を、時間の無いことを理由にしているのは、実は自分の時間の使い方の中で『ブログを書く』時間のプライオリティーが低いということを表しているにすぎません。

それを『時間がないからブログが書けない』と言っているのです。正確には『ブログを書くための時間がない』のです。

一日は誰にでも等しく24時間あります。その中で、何に時間を使うのかは人によって様々です。

仕事でいくら忙しくても、仕事の後は何をしていたか? 仕事と睡眠の時間以外は何をしていたか? を考えると本当にブログを書く時間が無かったといえるかどうか、怪しいのではないでしょうか。

飲みに行ったり、テレビを見たり、SNSしたり、休日はずっと寝ていたり……本当に時間がないとは言えないはずです。

少なくとも、どんなに時間がないと言っても、他のことをする時間はあったわけですから……。

つまり、時間が無いということを理由に上げた場合、考えなければいけないのは、『本当に』自分はブログを書きたいと心底思っているかを考える必要があるということです。

ブログを書かなきゃと思っていて、なおかつブログを書けるのは、その背中を押す、自分なりのモチベーション(動機)がある時だけです。

ブログが書けないことを時間のせにいしている場合は、まず本当にブログを書きたいのか? 書く必要があるのかを考えてみるのがいいと思います。

絶対にブログを書かなければいけない理由などなにもありません(もし、そうだとしたら既にブログを毎日書いているはずです)

あなたが他のことよりもブログを本当に書きたいのかを今一度、再考する必要があると思います。

そこで、やっぱりブログを書きたいと思えるのであれば、またブログ更新も違った感じ方が出来るはずですし、他のことに使っていた時間を具体的にどうしたらブログ更新に使えるかを検討し始めると思います(多くは無為に過ごしていた時間を取り戻すことになると思います)

また、逆に『ブログは別に書かなくてもいいや』という結論が出たのなら、それでいいのです。ブログを書かないと決めれば、これまでに感じていた『やっていない』という後ろめたさがなくなるのですから、精神衛生上こんなにいいことはありません。

開設当初のモチベーションを失ってしまっていたり、ブログ自体にマンネリを感じてしまっているのかもしれません。いずれにしても、ブログは別にやめたってかまわないのです。

無理してやるくらいならやめる、それでもやっぱりやりたいのであれば、時間の使い方を考える。

まずは、『時間がないのは本当か』を考えてみてください。

私は時間の使い方を変えて、ブログを毎日更新できるようになりました。

インセンティブがない

続いて、ブログを更新しなくなる理由として、大きいのが『インセンティブがない』ということ(例えば、アクセス数、コメント、収入など)があげられます。

開設して間もないブログではなおさら、これが原因になりやすいです。

そういう私も、毎日心が折れそうになりながらも、何とかブログの更新を続けています(笑)

あんまりにも辛くて、こんな記事を書いています。

アクセス数も伸びない、だからコメントもつかない、当然収入も生まない。精神的にも、金銭的にも満たされないと、記事を書こうという気力も失せてしまいますよね。

こればかりは、いつか良くなると信じて、淡々とやるほかないように思います。

少なくとも、記事を更新し続ける限り、今より悪くなることなどあり得ないのですから。

私は、今の状態について深く考えるのをやめました。それよりも記事をいかにして更新し続けるかだけに集中しています。

綺麗ごとを言うとすれば、結果は後からついてくるってやつですねฅʕ•ᴥ•ʔฅ

ネタがない

私の場合は、ネタがないということはまずありえないので、問題ないのですが、ブログが書けないのを「ネタがない」のを理由にしている人も多くいるのではないでしょうか。

でも、本当にネタってないですかね? って思います。

生きている限り、毎日ネタがあるはずです。そもそも、何もなかったこと自体ネタなんですから。

つまり「ネタが無い」って言ってる人は、「おもしろいネタが無い」って、自分で思っているだけではないでしょうか。

まずは、毎日更新することでしか先に進まないのですから、面白いネタかそうでないかは置いておいてとにかく、書いてみるというのが必要なんだと思います。

それに、自分で面白いと思っていた記事が読まれないことなんてざらですし、適当に書いた大して面白くない(有用ではない)と自分で思っていた記事が意外に読まれることだってあるのですから。

そう考えると、ブログを書くときの肩の力も抜けますし、ネタに関してのハードルも下がって書きやすくなるのではないでしょうか。

面白いネタかどうかよりも、とにかく更新することでブログの更新を習慣にすることが大事だと思います。

毎日、記事を書くことで、ネタも自然と見つけられるようになりますし、面白いネタを見つけても、ブログを書くことを習慣化していなければ、なかなか記事にするきっかけもないままになってしまいます。

まずは、何もなくともブログは絶対に更新することって大切だと思います。

原因が分かれば対処は簡単

以上、ブログの更新が続かない際にありがちな『言い訳』について、私の思うところを書いてきましたが、あながち間違いではないと思います。

私自身もブログが書けない、続かないと思っていた時に同じことを言っていました。

そして、その理由を掘り下げると、本当にブログを書けないのか、そうじゃないのかがおのずとはっきりしてくるのものです。

ブログが続かないモヤモヤした正体が分かったら、後は毎日ブログを書くか書かないかはあなた次第です。

ブログを更新し続ける、何かのヒントになったら幸いです。

それでは、ちゃおしこ!

今日の記事、面白いなと思ったらツイッターのフォローお願いします。ブログの更新情報なども流しています。