フリースタイルリブレの誤差ってどれぐらいある?

健康

フリースタイルリブレは便利だけど……

カルロ・クマ
カルロ・クマ

ちゃおしこ! 都度採血の穿刺には毎回ビクつくビビりなカルロ・クマです。

そんな痛い採血などしなくても常時血糖値が計れるフリースタイルリブレ。

↓ コレ

超便利~♪ と長らく愛用しているのですが、最近、どうも誤差が気になる……。

いや、最初から誤差があると思って使ってはいたのです。言ってみたら指先から採血するやつだって多少の誤差はあるし(同じ時に同じ場所で採血しても10くらい違う時もある)そんなものは民生品なんだからしょうがない―――そう思っていました。

もちろん、フリースタイルリブレ導入当初には、血液測定と10~20くらいの違いがあることも確認済です。

そもそも、フリースタイルリブレは間質液という体液から血糖値を推定する装置なので、血液内の糖で計測するよりも、変化に若干のタイムラグ(遅延)があります。詳しくは添付文章参照。

 

でも、最近リブレで血糖値を見ていて思ったのです。

 

ん?? 乱れた食事をして、運動しなかった割には血糖値低くない?? もしや糖尿改善した?(希望的観測・笑)

 

ある程度糖尿歴の長い方ならわかっていただけると思うのですが、血糖が高い時って体感的になんとなくわかりませんか? だるいなぁっていうか、血管に違和感があるとか……。

体感の割に、血糖値は優等生。ということがこのところ続いたので調べてみたところ次のような衝撃的な結果が出てしまいました……。

 

 

 

ジャジャーン!

左はフリースタイルリブレ(135)。右は血液による測定器(178)です。いずれも同じタイミングで計測した結果です。

なんと40以上も違うじゃないですか! おいおーーーーい!(笑)

 

今回のことは初めてではなくて、実は以前からなんとなくそんな感じがしていて、ここは敢えて……というわけで証拠を押さえてみました。まさか、ここまで違っていたとは。

あくまでも統計をとったわけではなく、体感的にですが《使用期間の最初と最後の方》は誤差が大きくなるように感じます(ちなみに今回は使用期限最終日での結果)

フリースタイルリブレは血糖値の《推移や変化のタイミング》を知るには良い機械だと思いますが、正確な数値かと言われると怪しいかな!? というのが率直な感想です。

そもそも、このような誤差は、思うに《あえて》そういう補正を掛けているせいなんじゃないかなと推測しています。

高血糖よりも、低血糖の方が気を失ったりしてヤバい(しかも遅延もある)ですからね……。

知らぬ間に低血糖を引き起こさないために、最初から血糖値低めに出るようになっているのかな? と。自分が設計者だったらたぶんそうします^^;

というわけでフリースタイルリブレを見て『俺様最近、血糖値優秀じゃーん!』とぬか喜びしていた私です(笑)

これからは随時採血して計る血糖値を信頼したいと思います(でもまだリブレセンサーの在庫がある……)

フリースタイルリブレで計測して見ている結果よりも、hba1cの結果が悪いと感じる人は、案外これが原因かもしれませんね。

食べたもの

もち麦ご飯・めざし・いり卵・豆腐と油揚げとわかめの味噌汁・韓国のり

ひとりくら寿司。
シャリハーフ(皿数)……あじx1・えび天x1・あぶり海老チーズx1・とろかれいx1・えびアボカドx1・あじx2
巻物……とろ鉄火x2
サイド……茶わん蒸し・あじ天もり

夕(晩酌)

焼き鳥もも塩2.5・つくねたれ1・きゅうりの糠漬け・ツナキャベツサラダほか

息子の様子

朝から元気。

朝食後、ショッピングモールへ。息子氏と妻ちゃんは室内遊園地へ。フリータイムでたっぷり午後まで遊ぶ。

最近の息子氏はとってもパワフル。《男の子だなぁ!》という感じ(笑)

体調

肩甲骨の部分に痛み

運動

ショッピングモールうろうろ

読んだ本

《松原照子の未来予言》読み中。

 

タイトルとURLをコピーしました