うるさい少数派のことをノイジーマイノリティと言うらしい

日々

ノイジーマイノリティなる言葉を知りました

カルロ・クマ
カルロ・クマ

ちゃおしこ! タイム・イズ・ライフを心に刻んで生活しているカルロ・クマです。

先日、ホリエモンのYoutubeを見ていたところ《ノイジーマイノリティ》なる言葉を初めて聞きました。

読んで字の如く、ノイジー=うるさい、マイノリティ=少数派という意味です。

《サイレントマジョリティ(もの言わぬ多数派)》という言葉は元々知っていたんですが、最近はこういう言い回しもするんですね。って、知らなかったの私だけですか? ^^;

私、この《ノイジーマイノリティ》という言葉に、すごい刺さってしまいまして、今までこの手合いのことを『ごく一部の声だけでかい人』とか『クレーマー』などと表現していたのですが、《ノイジーマイノリティ》とはなかなかうまいこと言う言葉があるんだなと感心してしまいました。

《ノイジーマイノリティ》いうと表現が指し示す本質的な意味は《大多数は納得しているし、問題がないと思っているのに、ごく一部の粘着質な人間の私的クレームによって全体の利益が損なわれること》を意味しています。

例えばその一例。

街に出ると思いませんか? くだらない『注意書き』や『お願い』の案内がいたるところに溢れていると。

命にかかわることや、重要なことはもちろん注意書きをすることはいいと思いますが、いい大人がそんなことまで注意しなきゃならないの? っていうぐらい注意書きだらけ、アナウンスだらけだと思いません?

これこそがまさに《ノイジーマイノリティ》の仕業でもあるんですよね。

一部のクレーマー対策のためのくだらない説明を聞かされたり、読まされたり……《ノイジーマイノリティ》はギスギスした世の中にしていくだけでなく、間接的に人類全体の時間をも奪っていることになります。

このことにおいては犯罪者(犯罪者が存在しなければ注意喚起やセキュリティ自体に割く時間やコストはそもそも不要)と同じレベルで人類全体の害悪です。

最近のコロナ騒ぎの渦中にも《ノイジーマイノリティ》のためにやっていることってたくさんありますよね。

これから先の世のことを思うと暗澹たる気分になる昨今です。

食べたもの

サンポー黒豚骨ラーメン3/4・目玉焼き・納豆・ハッピーターンx3

カレーライス、サバの水煮缶1/3、4種の野菜スナック、ミニシュークリーム2個

↓今日のカレーはコレ。《赤》の方が美味しいかな。嫌になるぐらい激辛だけど(笑)

↓これが《赤》

豆腐と胸ひき肉のツマミ揚げ、鳥から、舞茸の炒め物

昼食180超えで、エアロバイクしても最大210くらいまで上昇。炭水化物食べすぎ。糖質100g強摂った可能性。エアロバイクやってなかったらもっと大変なことになってた……。

息子の様子

朝からまぁまぁご機嫌。

午前、市民プールへ。

息子の食事について妻と言い合いになった時、息子が気を使って間を取り持つように立ち回る姿を見て我に返る。事態を収束させようと息子なりに一生懸命考えて話をしている姿にまた成長を感じる。

息子の前でなるべく言い合いにならないように気をつけたいんだけど……なかなかね^^;

子どもの前で親が口論をすると子どもの脳の発達に影響があるという本を以前にも読んだので、気をつけたい。

体調

首・背中・腰が痛い。目が痛い。水鼻。くしゃみ連発。

運動

エアロバイク60分

読んだ本

《夢をかなえるゾウ2》再読中。

ほんとに読んだことあったのかな?って言うぐらい内容忘れてる。。

タイトルとURLをコピーしました